楽しむこと大好き

このサイトでは、私が家族との時間を楽しむためのヒントやコツを調べて書いています。

おでかけ

長崎くんちコッコデショは樺島町が正しい?上町も踊り町?

投稿日:

長崎くんちの演し物の中で人気の一つがコッコデショです。

7年に一度の披露と思ったら、あれ?別の踊り町がコッコデショを披露したんですね。
その理由についてまとめました。

スポンサーリンク

長崎くんちコッコデショは樺島町

もともとコッコデショは樺島町の演し物として、7年に一度見物客を湧かせてきました。
樺島町が当番の年は、桟敷の予約なども人気があがったりします。

担ぎ手36人で太鼓山を威勢よく担ぐさまが人気なのですが、この担ぎ手、一般公募でオーディションで決められるんですよ。

長崎市樺島町の住人に限らず、長崎市近郊に住んでいて、練習・本番に必ず参加できることが条件です。
条件はその他もろもろあるのですが、オーディションでは面談と体力テストが行われます。

4人の子供と太鼓、カラフルな大きい座布団5枚を積んだ太鼓山を宙に放り投げて片手で受け止めるというダイナミックさ、やはり相当の体力が必要です。

この太鼓山の重さは1トンあります。ひょえ~。

 

『川船』とか『龍踊り』なんかは、他の踊り町の演し物にもなっているので、7年待たずとも見られるけれど、コッコデショは唯一樺島町が所有しているので、7年に1度しか見られないんですね。

2011年に樺島町が出たので、次にコッコデショを見られるのは2018年と思いきや、2016年に上町がコッコデショを演し物として披露しました。

あれ?コッコデショって樺島町だけじゃなかったっけ?
最初、私の頭の中が若干こんがらがってました笑

なぜ上町がコッコデショを披露したのか、そして演じるのに必要な太鼓山をどうやって手に入れたのか、気になりますよね。

長崎くんちコッコデショは上町もやってる?

最初にいうと、上町(うわまち)が使用している太鼓山は、樺島町のものではありません。
樺島町から借りているわけじゃなかったんですね。

では太鼓山をどこから調達したのかというと・・・

矢上町(やがみまち)というところの太鼓山を使わせてもらいました。

 

長崎市には長崎くんち(諏訪神社)の他に『郷(さと)くんち』という地域ごとのくんちがあるんです。

矢上町が行う『矢上くんち』では4年に一度、コッコデショを奉納しているのですが・・・

コッコデショは担ぎ手の数と体力が求められる演し物だけど、年々、高齢化による人手不足で担ぎ手が足りなくなっていたんです。

そこに上町からのお話があって、矢上町と上町の協力のもと、長崎くんちで、上町のコッコデショを披露するのが実現しました。

 

上町は、もともとバラエティに富んだ演し物をしていて、明治時代から、趣味趣向を変えて披露してます。
例えば、兵隊さんを題材にしていたり、鎧武者少年剣舞だったり、日本舞踊風だったり、いつも面白い演出を考えてきたんですね。

新しいことに挑戦しようと持ち上がったのが、コッコデショ。
それで、上町から矢上町にお話がいったというわけなのです。

 

矢上町は、これからも矢上くんちでコッコデショの奉納は続けられるそうです。その時は、上町から助っ人を出すことがお約束のようです。

  • 上町は矢上町から、太鼓山を借りられる
  • 矢上町は上町から、人出を借りられる

という風にお互いにメリットがあるんですね。

せっかくの人気の演し物ですから、こうして新しい流れで、受け継がれていくのは、とっても素敵なことだなと感じました。


スポンサーリンク

コッコデショの踊り町どっちが正しい?

矢上町のコッコデショの形を取り入れながらの、上町コッコデショという新しいコッコデショなので、樺島町とは違ったコッコデショになります。

矢上町、樺島町それぞれが長い歴史の中で作り上げてきたものだから、どちらも正しいコッコデショです。

 

太鼓山を宙に放り投げてキャッチするのは、上町、樺島町どちらのコッコデショでも観ることができます。

上町コッコデショでも、奉納踊りの担ぎ手を募集しています。
長崎くんちに参加する年の1年前に募集して、体力づくりが始まるそうです。

コッコデショは見ているだけで、その熱気や迫力が伝わってきますが、あれだけダイナミックに演じるのには、長い日数をかけて、しっかり基礎作りしているんですね。

 

コッコデショが人気があるのは、演し物を見れば一目瞭然だし、これからは、樺島町、上町のコッコデショを交互に見られるので、7年待たなくていいというのは、とても嬉しいことです。

同じコッコデショでも、樺島町ファン、上町ファンとかあるのかもしれないですね。
私には、どっちも同じ位すごいなと思うので、甲乙つけられないです。

長崎くんちコッコデショの踊り町まとめ

樺島町唯一の演し物だったコッコデショ、上町も演じることで、コッコデショを見物できる機会が増えるのは嬉しいことですね。

せっかくなら、諏訪神社の奉納踊りで、コッコデショの迫力味わいたいですよね。

諏訪神社で当日販売の立ち見席をとるためのコツはこちらからどうぞ

また、長崎くんちだけではなく、矢上くんちのコッコデショもまた違った楽しみがありそうです。

スポンサーリンク

-おでかけ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

川越のお土産いものスイーツが人気のお店和菓子から洋菓子まで紹介

小江戸川越といえばさつま芋ですよね。 川越市内にある観光スポットでは、数々のお土産店が軒を連ねています。 スポンサーリンク 数あるお土産の中から、名物のさつまいもを使ったスイーツ土産を扱うお店を紹介し …

祇園祭の山鉾は女人禁制があるけれど、女性が乗れる鉾もある!

祇園祭は女人禁制のイメージが強いと思います。 祇園祭を楽しむポイントのひとつに、山鉾の拝観搭乗がありますよね。 山鉾への一般搭乗も女人禁制だと、仲間や家族と一緒に観光に行っても一緒に楽しめません。 一 …

沼影市民プールの食事売店メニューは?持ち込みできる?

沼影市民プールで1日遊ぶなら、 お昼ごはんは重要ですよね。 施設内の売店情報を紹介するとともに、 持ち込みについても説明します。 スポンサーリンク

こうのす花火大会で鴻巣駅の混雑具合。帰りの電車は乗れない!?

10月に行われるこうのす花火大会の日は、鴻巣駅は夕方から夜にかけて大変な人混みです。 今回はこうのす花火大会当日の鴻巣駅の混み具合についてまとめました。 スポンサーリンク

湘南海岸公園で江ノ島花火大会を楽しもう!花火大会の混雑と食べ物は?

ふじさわ江ノ島花火大会は、花火の打ち上げ数3000発という規模に反して、多くの人が花火見物にやってきます。 花火を鑑賞できるエリアはいくつかあるのですが、今回は鵠沼海岸での花火見物についての情報をまと …

管理人:もりのいと

主人、小学生男女、猫の5人家族

映画鑑賞、読書、アウトドア、料理・・好きなことはたくさんあるけれど、カラオケが大好き♪

音楽さえあれば家の中でも、車の中でも、どこでも歌ってます
・・・がうまくはありません^_^;

あとは美味しいものを食べて、笑っているときがなによりの幸せ♪

この2つを励みに、日々生きてます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。