楽しむこと大好き

このサイトでは、私が家族との時間を楽しむためのヒントやコツを調べて書いています。

おでかけ

きぬ川ホテル三日月プールチェックイン前の利用方法。時間やタオルは?

投稿日:

鬼怒川温泉にある、きぬ川ホテル三日月に遊びに行ってきました。
今回一泊での宿泊だったので、ガーデンスパでなるべく長くプール遊びをしたいという子供達の希望を叶えるため、チェックイン前から遊びことに。

チェックイン前から遊ぶ場合の手続きなどをまとめました。
施設内の画像もあるので、よろしかったら参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

きぬ川ホテル三日月プールをチェックイン前から利用するために

きぬ川ホテル三日月に向かう前日、ホテル三日月に電話して確認したところ、ガーデンスパ三日月の営業は朝10時からだが、宿泊者のチェックイン前の利用は11時からと教えてもらいました。

なるべくたくさんプールで遊びたい!という子供達の願いもあり、11時頃のチェックインを目指して出発することにしました。

それで気になったのが、お昼御飯。
11時頃から部屋に入れる15時までの4時間、なにも食べないのは辛いし、お昼食べられるところあるのかな・・・と思い、ホテル三日月のフロントの方についでに聞いてみました。

すると、ガーデンスパ館内もホテルのロビーも衛生面や他の宿泊客の手前、持ち込んで食べることはできないとのこと。
ガーデンスパにはレストランなど飲食店も入っていない為、もしスパの途中で食事する場合、一度着替えて、ホテル内の施設で食事はとれるとのこと。

ホテル三日月のランチバイキングは中学生以上1600円、小学生1400円、結構高い・・・。
他にもレストランがあって、そこではラーメンや蕎麦、定食なども食べられるみたいだけど・・・夜のビュッフェでいっぱい食べられること考えたら、昼間からあまり贅沢にはしたくないし。

車に戻って食べることも考えたのですが、そもそも『一度着替える』というのが面倒臭いじゃないですか。
なので、今回は、道の駅日光日光街道ニコニコ本陣で、お弁当やパンを買って、きぬ川ホテル三日月までの移動中に車内で済ませました。
ニコニコ本陣は、お弁当や総菜が豊富だし安いので、食料調達にお勧めです。
ニコニコ本陣のグルメ情報【画像あり】はこちら

ニコニコ本陣から、きぬ川ホテル三日月までは、車で30分ほどなので、ちょうどよい食事タイムになりました。
きぬ川ホテル三日月の駐車場は、ガーデンスパ三日月の建物の中にあります。

チェックイン前にガーデンスパを利用する場合、まずホテル三日月のフロントでチェックインする必要があります。
そして荷物はクロークで預かってもらうこともできます。

荷物が多い場合は、まずホテル三日月の玄関前ロータリーで荷物や家族を降ろし、それから駐車場に向かうと楽です。
きぬ川ホテル三日月の駐車場の詳細【画像付き】はこちら

ガーデンスパ三日月を利用する場合、まずフロントで受付を済ませる必要があります。
スパ利用の旨を伝えると下のような紙を渡されます。
この紙がないと、ガーデンスパを無料で利用することができないので注意してください。
私は、荷物を整理しているうちに、クロークに置き忘れていたらしく、ガーデンスパの受付で必死に探すという経験をしました笑
クロークで荷物を預けます。
貴重品以外は預かってもらえます。

荷物の引換札です。

荷物を預けたら早速プールへ。
ホテル三日月の正面入り口をガーデンスパ棟は通路でつながっています。

自動ドアから入ったら、エレベータでガーデンスパの受付に上がります。

ホテル三日月のフロントでもらった伝票を、ガーデンスパの受付に渡せば、受付完了です。

あとは、チェックアウトまで1日何回でも出入りできます。

ロッカー内の写真は撮れないので、貼ってあったガーデンスパの利用案内を載せました。


▼拡大図です。
光の加減で見づらいですが、ロッカーは広いくてきれいでした。
ロッカーを利用するのには100円かかりますが、リターン式です。
100円玉がない場合は、受付で両替してもらえます。
▼ラッシュガードのほか、幼児用の水着パンツも販売されています。
▼水中メガネや男性用のスイムサポート
料金は、水中眼鏡が1400円~1600円、スイムサポートが900円位でした。
▼浮き輪もいろんな種類が販売されています。

▼浮き輪の料金。結構いい値段します。

▼子ども用のゴーグルもあります。1000円~1400円です。

▼水着はとにかく種類が豊富。
ちなみに、受付ではレンタル水着(500円)の用意もありました。

▼自動販売機はありました。▼受付フロアにはソファやテーブルもありました。
家族が遊んでいる間、ここで休憩していることもできます。

▼屋上のプールです。この日はお天気が悪く、閉鎖されていました。

▼夜は電飾が光ってきれいです。

ホテル三日月鬼怒川のプールの時間

宿泊者のチェックイン前のプールの利用は、11時からになります。
11時直前にしっかりお昼ご飯を食べたけれど、やっぱり16時過ぎた頃にはお腹が空いてきますね。

きぬ川ホテル三日月に到着してから、受付や着替えまで合わせると、なんだかんだ30分くらいかかりました。
なので、プールに入ったのは11時30分位だったのですが、プール内は少し混んでいる程度で、プールサイドの椅子も2つ確保できたし、ゆっくり遊ぶことができました。

13時以降は、ガラガラでした。
チェックアウト後に遊んでいた人が帰る頃なのか、お昼の時間で上がるのか分かりませんが、流れるプールも前後に人もいなくて、ゆったり泳げました。
スライダーも順番待ちはほとんどなかったです。

次に混んできたのが15時30分頃からでした。
チェックインした宿泊客が遊びに来る時間ですね。
ギュウギュウの大混雑とまではいかないけれど、流れるプールで若干幅が狭くなるところがあるのですが、少し渋滞が起きる程度には混んできました。

我が家は夕食が17時30分と早めだったので、16時頃上がって、ガーデンスパ内のお風呂で体を洗って出ました。
ロッカーで水着を脱いだらそのまま入浴できるので、とりあえずここで洗って、夜、ホテル三日月の大浴場を利用しました。

スポンサーリンク

ホテル三日月 鬼怒川のプールのタオル

▼ガーデンスパのフロントには、夏休み用の利用料の張り紙がありました。
普段はチェックアウト後もタオル代のみで利用できるけれど、夏休みはチェックアウト後は入場料が540円(小学生は324円)かかるみたいですね。

それでも一般の日帰り利用よりは安いです。

タオルを持ち込んでも、リネン代は取られるので、ガーデンスパのタオルを利用した方が、荷物が少なくて済みます。
ガーデンスパで貸し出されるタオルは、白いバスタオルと白いフェイスタオルそれぞれ1枚ずつ。
どちらも厚手でしっかりしています。

一度受付すれば、滞在中は何度でもプールを利用できるけれど、タオルは初回のみの貸出なので、滞在中は同じものを使うことになります。プール内にタオルを持ち込むのは大丈夫でした。

きぬ川ホテル三日月のプールまとめ

ガーデンスパ内のプールは、子供達飽きずにずっと遊んでいました。
大人は数種類あるサウナも気持ちいいですよ。

ぜひ楽しい時間を過ごしてくださいね。

スポンサーリンク

-おでかけ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

田貫湖周辺のおすすめ観光スポット!食事や温泉も楽しめる!?

毎年、田貫湖のキャンプを楽しみます。 様々な場所に行きますが、富士山を間近で見られたり、遊ぶ場所がたくさんあったりで、 子供達もとってもお気に入りのキャンプ場です。 スポンサーリンク 滞在中、田貫湖周 …

台湾フェスティバルの屋台を子供と楽しもう!おすすめ料理をご紹介

上野恩賜公園で行われている台湾フェスティバル。 数年前から始まったこのフェスは年々来場者数も増えて 規模も大きくなっているんですよ。 今回は台湾フェスティバルで味わえる屋台の味についてご紹介します。 …

長崎くんちどこで見る?おすすめの場所で見物を楽しんで!

長崎くんちの庭先回りは、いろんなスポットで無料で踊町の演し物を見物することができます。 たくさんある庭先回りの中でも、演し物をよく見える場所を紹介していきます。 スポンサーリンク

青森ねぶた祭りは食べ物が豊富!屋台や食事を欲張っちゃおう!

お祭りに行く楽しみの一つがグルメ。 お祭りやイベント先で食べ物が充実してると幸せですよね。 反対に屋台が寂しいと、お腹も心も寂しくなるというか・・・。 青森ねぶた祭りでは、ねぶたと食べ物両方楽しみまし …

沼影市民プール売店メニューは食べ物が豊富すぎ!【画像あり】

沼影市民プールの売店は食べ物のメニューが豊富なんです。 うどんだって数種類の味があるんですよ~。 売店の画像もあるのでよろしかったら、参考にしてください。 スポンサーリンク

管理人:もりのいと

主人、小学生男女、猫の5人家族

映画鑑賞、読書、アウトドア、料理・・好きなことはたくさんあるけれど、カラオケが大好き♪

音楽さえあれば家の中でも、車の中でも、どこでも歌ってます
・・・がうまくはありません^_^;

あとは美味しいものを食べて、笑っているときがなによりの幸せ♪

この2つを励みに、日々生きてます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。