きぬ川ホテル三日月のバイキングメニューと夕食の時間【画像あり】


きぬ川ホテル三日月に夏休みに一泊した際の夕食のバイキングメニューについてまとめました。
画像もたくさんあるので、よかったら参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

きぬ川ホテル三日月バイキングメニュー

▼バターロール。バターやジャムがありました。

▼麺類コーナー。
冷たいうどん、そばの他、ベトナムのフォーもありました。
私はフォーが大好きなので、早速注文。
注文すると料理の方が、温かいスープに入ったフォーが出て来ました。

トッピングは鶏肉、レモン、パクチー、ナンプラー。
私は大好きなパクチー山盛りトッピングしました。

▼右側の緑一杯の丼がフォーです。パクチーでほぼ埋まってます。

写真撮っていないのですが、白いご飯もみそ汁もありました。そしてカレーも!

▼サラダバーです。奥には数種類のドレッシングも用意されています。

▼野菜スティックと枝豆です。

▼おぼろ豆腐。薬味も数種類あるので、お好き味付けで楽しめます。

▼海鮮コーナー。
カニ、イカ(左奥)、ホタルイカ(右奥)、海藻(右手前)、湯葉(海鮮じゃないけど)(左手前)がありました。

▼写真を撮り忘れたけれど、お寿司もありました。
たしかイカ、まぐろだった気がしますが・・・定かではありません。
カニの身をほじくるためのスプーンも用意されています。
▼春雨サラダ(左)と中華くらげ(右)。
中華クラゲ大好きでたくさん取ったら、すごく味が濃くて、ちょっとずつしかお箸が進まず、なんとか食べきりました。少し食べて味の濃さが大丈夫なら、たくさん取るようにした方がいいです。

▼海老チリ(右)と餃子(左)。
エビチリ大好きなので、これは嬉しい!
普通のむき海老ですが、美味しかったです。
▼煮込みハンバーグ(左)と若鳥のからあげ(右)は子供達に人気がありました。

▼ミートソーススパゲティ
もう無くなっていましたが、後で補充されます。
やっぱり子供受けいいのかもしれないです。

▼とうもろこしの香ばし揚げ(左)と春巻き(右)
うちの子たち、とうもろこしの天ぷら大好きなので、香ばし揚げ、美味しいと喜んでいました。

▼天ぷらコーナーでは、奥で調理の方がどんどん揚げていました。
この日の天ぷらは、左からししとう、エビ、さつまいも、日光湯葉でした。

▼サーモンのエスカベージュ(左)、鶏のほぐし身(左)

▼どちらも同じシュウマイです。
シュウマイは主人が美味しいと言っていました。
私も食べたけれど、温かくて美味しかったです。

▼ピザ

▼炉端コーナーです。
焼きおむすび(奥)、やきとり(手前)。
焼き鳥は、ネギマやつくね等がありました。
▼炉端コーナーでも調理の方が、焼き鳥やホタテ、手羽先などを調理してくれています。焼きおにぎりの奥がほたてです。

▼手羽先は醤油味(左)とピリ辛味(右)の2種類あります。▼鮎の囲炉裏焼も発見!
でもタイミングが悪かったのか、主人が選んだのは冷めていたそうです。
見た感じ、温められている感じがするから、ギャップが・・・。
▼子供が大好き、たこ焼きもありました。
この紙皿がいかにもたこ焼きらしく、雰囲気を盛り上げてくれますよね。
このたこ焼きは子供が取ってきたものなのですが、自分で好きな数を容器に入れていいそうです。

▼囲炉裏コーナーや麺コーナーのように、ステーキを焼いてくれるコーナーもあったのですが、写真を撮り忘れたようです・・・。

私たちが食事会場に入った17時30分頃から1時間位は、常にステーキを待つ列ができていました。

多いときで10人程度は並んでいたのですが、すぐには焼けないし、一度に焼ける数も多くないので、焼けるのに時間がかかるのも、列ができる理由でした。

主人の番になったとき、焼けたステーキは全部なくなり、『これから新しいお肉を焼きますので、少々お待ち下さい』と言われてしまい笑、またしばらく肉が焼けるのを待っていました。

けれど、18時30分を回る頃には、ステーキコーナーの前には人がほとんどいない状態でした。
今、行ったらすぐステーキもらえるんだろうなと思いつつ、お腹いっぱいでギブでした。

先に違うものを食べて、空いてからステーキをもらいに行くのも一つの手ですね。
▼大根おろしと黒こしょうをかけたステーキです。

ステーキコーナーが空く頃、デザートコーナーに列ができはじめます。

▼今日のデザート一覧です。

▼ケーキの陳列棚

▼フルーツの陳列棚

フルーツは上の段左がメロン、右がパイン、中段左がオレンジ、右がスイカです。

一番下の団は、左からマンゴープリン、みかんゼリー、ブルーハワイゼリー、ライチです。

▼アイスは5種類ありました。
左からチョコチップ、ラムネ、マンゴー、ストロベリー、バニラです。
そのうち、チョコチップ、ラムネ、マンゴーは季節限定のようです。

▼ストロベリーとラムネ。大きさは赤ちゃんのこぶし位でしょうか。
小さめなので、全部のフレーバーを楽しむこともできそうです。
息子は3種盛りにしてもらっていました。

▼チョコレートファウンテンもありましたよ。

▼プチシュー▼ミニドーナツ

▼マシュマロ

▼アスパラガス

▼左下から時計周りに、マンゴープリン、パイナップル、チーズムース、かぼちゃタルト、そして最後だけはなんなのかよく分からず・・・。

デザート一覧に名前載せ忘れたのかな・・・。

▼和風柚子ゼリー。
さっぱりしていて、食事の締めにちょうどよかったです。

スポンサーリンク

きぬ川ホテル三日月の夕食の時間

今回、私たちが泊ったのは、さくら亭。
長い連絡通路を渡ってフロントまで来ると、夕食の会場の案内看板が出ていました。▼食事会場デリシャスの様子。17時30分に来たのですが17時過ぎに行ったのですが、すでに結構な人で賑わっていました。
奥がビュッフェコーナーになります。
▼窓から見える風景です。開放的な景色を見ながらの食事もいいなあ。

夕食の開始時間が早かったので、ゆっくりバイキングを楽しむことができました。

夕食の時間は17時~21時30分までとなっています。
『食事の目安時間として60分~70分を目安にするように』とチェックイン時に渡される案内用紙にもかかれていますが、ビュッフェスタイルだし、グループでわいわい楽しんでいると、長時間の滞在になるので、遅い食事時間になると、しばらく席が開くのを待つ可能性もあります。
私たちが宿泊した日も、18時頃には、入り口で順番待ちの列ができていまいた。

チェックインした順に早い夕食時間をあてがられるので、早い時間帯での食事を希望するのであれば、早めのチェックインがよさそうです。

きぬ川ホテル三日月バイキングまとめ

きぬ川ホテル三日月のバイキングのメニューは種類が豊富なので、みんなが好きなものを食べて、満足できると思います。
子供達はまた行きたいと言っていました。

残念なのは、夕食の飲み物は全て有料なこと。
ドリンクバーなどもありません。
デザートも豊富なので、ゆっくり食後のコーヒー飲みながら、デザートを楽しめればいいのにな。

きぬ川ホテル三日月の朝食バイキング料理の画像一覧はこちら

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました