櫛引八幡宮の初詣の駐車場の混雑と臨時駐車場の場所紹介!

毎年、初詣に十数万人の参拝客が訪れる櫛引八幡宮。
その人出と比例して、駐車場の空き待ちをする車の長ーい行列も発生するんですね。

特に凄いのはやはり元旦の初詣。
初詣の時期の駐車場待ちの混雑状況と、臨時駐車場の情報を御紹介するので、よろしかったら初詣の参考にされてくださいね。

スポンサーリンク

櫛引八幡宮の初詣の駐車場混雑

櫛引八幡宮の駐車場ですが、午前中から夕方過ぎにかけて途切れることなく駐車待ちの車で渋滞が続くと思っていた方がいいです。
1月4日以降になると、しだいに初詣の人も減ってきて、7日くらいなら待たずに駐車することも可能です。

混み具合ですが、元旦よりさきに1月2日、3日の混雑状況からお話すると、元旦ほどではないですが、駐車場の空き待ちは、長い時で30分以上は待ちます。
夕方も大渋滞というほどではありませんが、まだ駐車待ちの車の列はありました。

初詣の期間中は、誘導員の指示に従って駐車場に入ります。

櫛引八幡宮初詣の混雑はやっぱり元旦が1番

元旦の混雑っぷりはやっぱり最強ですよね。

駐車場待ちの車は、

私が見た時は、よこまちストア 田面木店まで駐車場空き待ちの車の列は伸びていました。
臨時駐車場から、よこまちストア田面木店まで約1.5キロ。
車で約5分の距離を1時間以上かけて、やっと駐車場に入ることができました。

おそらくですが、馬淵川方面からいらっしゃる方も、臨時駐車場待ちの列で長い渋滞になったと思われます。

車の列の最後尾に着いた段階で、時刻は午後1時過ぎ。
他の人に聞いたところ、午前11時前にきても、やはり1時間くらいは待ったそうです。

元旦は9時以降から夕方にかけて、渋滞ピークは続くので、元旦に初詣に向かうなら、早朝か夜なら待ち時間も少なく櫛引八幡宮の駐車場を利用できる可能性は大きいです。

以前、午前8時過ぎに櫛引八幡宮に向かったら、あれ?っと拍子抜けするほど、道がすいていました。
大して混雑することもなく、櫛引八幡宮のそばまで行けて、お!!っと思うほど早く、隣の駐車場に入ることができました。

元旦に櫛引八幡宮に初詣に向かうなら、早朝の初詣、試してみる価値ありです。
櫛引八幡宮は終日、参拝することが可能ですし、元旦は午前0時から社務所などの施設も利用することができるんですね。
早朝行っても、おみくじやお守り、破魔矢などを授与してもらうことができますよ。

元旦の初詣は、正門をくぐるだけでも30分以上待つので、駐車場同様、人が少ない時に初詣の参拝に伺った方が、全体的に待ち時間を減らせて楽ちんだと思います。


スポンサーリンク

櫛引八幡宮 駐車場

櫛引八幡宮の駐車場

一ノ鳥居の左横

櫛引八幡宮の斜め右向かい

どちらの駐車場もだだっぴろい砂利敷の駐車場で、囲いや線などはないので、誘導員に従って詰めて駐車します。

臨時駐車場

味曾藏 麺也いとうの裏

国道104を南下してきて、『味曾藏 麺也いとう』と『ハピネスやくら』という介護住宅の間の交差点を右折すると、左側に広い空き地があります。
特に仕切りなどはないので、誘導員の指示に従って車を停める形になります。

徒歩10分位の距離です。

駐車場の大きさですが、
一ノ鳥居の左側 < 櫛引八幡宮の斜め右向かい < 臨時駐車場
の順番になります。

台数は一ノ鳥居の左側が50台程度、櫛引八幡宮の斜め右向かいの駐車場が60~70台程度、臨時駐車場が200台程度は駐車することができる広さだと思います。

櫛引八幡宮初詣の駐車場混雑まとめ

櫛引八幡宮の三が日の初詣は、駐車場だけではなく、周辺道路も各所で大渋滞します。
すいていそうな時間を狙うなら、早朝か夜を狙ってみましょう。

臨時駐車場は少し歩くことにはなりますが、敷地も広く、駐車台数も多いので、櫛引八幡宮のそばに行くより、直で臨時駐車場を狙った方が早いかもしれませんよ。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました