楽しむこと大好き

このサイトでは、私が家族との時間を楽しむためのヒントやコツを調べて書いています。

おでかけ

美濃まつりの花みこしの材料と作り方。使う美濃和紙の量がすごい!

投稿日:

美濃まつりで見物できる花みこしの花の部分、どうやって作っているのか気になりますよね。

今回は、花みこしの歴史や材料と作り方などについての話です。

花みこし1基に使われている美濃和紙の数、すごいんです!

スポンサーリンク

美濃まつりの花みこしの歴史

桃色の飾りが神輿の上でワサワサ揺れている花みこし。

実は、江戸時代の雨乞いから始まった行事なんですよ。

①八幡神社を初めとする3つの神社(八幡宮、熊野社、神宮社)に雨乞いをお願いし、それでもだめなら、②その他の神社も含め7つの神社(八幡宮、熊野社、神宮社、神明社、斎宮社、愛宕社、荒神社)に千度づつお詣りしました。

一社に付き千度お詣りするので、合計で7,000回の雨乞いのお参りをすることになるんです。

7,000回のお詣りって・・・気が遠くなりそうな数ですよね。

で、それでも、雨が降らなかった場合には、③雨に因んだ飾りものを作り、竹を細く裂いて紙の花を飾ったものを飾り付け、八幡神社でお詣り、その後待ちの中を担いで練り歩いたんだそうです。

これが、今の花みこしの始まりなんです。

 

ただ、江戸時代は神輿ではなくて、住人達が作った飾りものだったんですね。

その後、明治33年にお神輿に紙の花を飾った花みこしの原型が登場。

昭和に入って、現在の花みこしの形になりました。

花みこしの花は、美濃和紙でできているので、雨が振っている場合は、中止や延期になることがあります。

花みこしの材料

花みこしのメインである花の部分に使われる材料は

  • 美濃和紙
  • しない(竹を細く割ったもの)

この2つです。

美濃和紙

花は美濃和紙で作ります。
大きさは縦12センチ×横9センチの長方形。

一基の神輿に使う和紙はなんと約10万~12万枚!

12万枚×30基で約360万枚の美濃和紙が、花まつりのために用意されるんですよ。

しない

しないというのは、竹を細く割ったものになります。

このしないにピンク色に染めた紙の花を付けていきます。

花みこしの練り歩きで、あんな風に花が踊るのは、まさにこの竹がしなるからなんですね。


スポンサーリンク

花みこしの作り方

①美濃和紙の真ん中に穴を空ける

美濃和紙をしないに付けるための『こより』(細長い美濃和紙を細くひも状にしたもの)を通す小さな穴を、和紙の真ん中にあけます。

②美濃和紙を染める

まずは花となる美濃和紙を染めることから始まります。

美濃和紙の四隅を鮮やかなピンク色の染料で染めます。

先程もお話したように、一基につき、約12万枚の美濃和紙を使います。

 

花染めの作業は、町会の有志で行われますが、大変な時間と労力がかかるんですね。
そのため、自分たちで花染め作業をしている町会は17町会中、4件程度。

残りの町会は、専門の業者に依頼しています。

 

専門の業者さんは、およそ300万枚の美濃和紙を10月~3月初めまでの約半年間で、花染め~乾燥までをこなします。

半年間とはいえ、300万枚も花染するのは、想像しがたいですよね。

1回に約1,000枚程度の美濃和紙を染料に漬けるので、だいたい3000回程度、花染め作業を繰り返すことになります。

町会で花染をする場合は、乾燥期間も考慮して、1月中旬位に、花染め作業を伝えるニュースが流れたりするんですよ。

③美濃和紙を乾燥させる

花染した美濃和紙は針金にとおして、陰干しします。

町会で作る場合には、約1カ月ほどじっくり陰干しして、乾燥させます。

専門業者の方は、1週間ほど乾燥させているようです。
染料を色々工夫しているみたいですね。

④花を作る

花染された美濃和紙は各町会内の家々に配られるんです。
町会にもよりますが、一家庭につき1000枚ほど配られます。

こよりの作成

細長い白い美濃和紙をよって、こよりを作ります。
このこよりを、花染めした美濃和紙の真ん中の穴に通します。

花を重ねる

こよりを通した美濃和紙の上に、もう1枚美濃和紙を糊づけしてくっつけると、茎(こよりです)がついた花のできあがり。

一家庭につき、全部で500組程の花ができあがります。

⑤花を巻きつける

美濃まつり1ヵ月程前に、できあがった花を持ち寄って集まり、みんなで『しない』に美濃和紙の花を付けていきます。

この花巻き作業は、竹に緑の紙テープを巻き付け、こより部分を挟みこみ、テープや糊でしっかり止めます。

長いしないをくるくる回しながら花を付けていく花巻き作業、結構難しくて大変なんです。

町内によっては、この花巻きの作業まで各自宅で行うこともあるんですよ。

 

和紙も量が集まれば結構な重さになりますよね。

花みこし一基の重さは、だいたい280kg。

そんなに重い花みこしを、数時間とはいえ担ぎながら、街中を練り歩くのは、相当なパワーが必要ですね。

 

花を巻き付ける『しない』ですが、前年の和紙花を水に濡らして全部取り去るんですね。

約5,6万個の和紙花を取る作業も根気がいるし、地面に散乱した和紙花の後始末も大変です。

⑥しないを神輿に取り付ける

美濃まつりの1週間程前から前日までに、花巻きを終えたしないを神輿の上部に取り付けていきます。

花みこしの上部には金属の金具が着いているので、大人みこし30本、子供神輿50本程度を目安に、しないを固定していきます。

均等に広がるように、長さを調整したり、遠くから見てバランスを直したり、美しく見えるような工夫がされています。

まとめ

花みこしを作るのは、ものすごい長い期間と労力がかかっているんですね。

手先の器用さや忍耐力も必要だと思います。

こんなに手の込んだ花みこしの美しさや、花が踊る様子を堪能してくださいね。

スポンサーリンク

-おでかけ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

長崎ランタンフェスティバル昼間の楽しみ方。回り方次第で昼も満喫!

長崎ランタンフェスティバル、夜に楽しむイメージが強いけれど、昼間の楽しみ方もあるんですよ。 せっかく行くなら、夜だけではなく、昼間もランタンフェスティバルの雰囲気楽しみましょう。 長崎ランタンフェステ …

寸又峡夢の吊り橋子連れの注意点。赤ちゃんやベビーカーはどうする

家族で寸又峡の夢の吊り橋に訪れる場合、気になるのは子供は大丈夫なのか、赤ちゃんや幼児はどうしたらいいのか。 スポンサーリンク 寸又峡に子連れで行く場合の注意点などまとめました。 スポンサーリンク

こうのす花火大会で鴻巣駅の混雑具合。帰りの電車は乗れない!?

10月に行われるこうのす花火大会の日は、鴻巣駅は夕方から夜にかけて大変な人混みです。 今回はこうのす花火大会当日の鴻巣駅の混み具合についてまとめました。 スポンサーリンク

金刀比羅宮の参拝は車など階段以外の方法もある?お年寄りはどうする?

香川県の人気スポットである金刀比羅宮は、奥社まである1,368段の長い階段が有名です。 石段の段数だけではなく、途中から急になるので、上まで上るのもなかなか大変なんですよね。 スポンサーリンク 御本宮 …

埼玉の森林公園のGWの混雑はやっぱり最強!それでも遊びまくったよ!

GWの中でも開園無料日にあたる5月4日に、国営武蔵丘陵森林公園に遊びに行ってきました~! 毎年のことだけれど・・・やっぱりすごい混雑(・_・;) スポンサーリンク が、我が家は1日しっかり楽しんできま …

管理人:もりのいと

主人、小学生男女、猫の5人家族

映画鑑賞、読書、アウトドア、料理・・好きなことはたくさんあるけれど、カラオケが大好き♪

音楽さえあれば家の中でも、車の中でも、どこでも歌ってます
・・・がうまくはありません^_^;

あとは美味しいものを食べて、笑っているときがなによりの幸せ♪

この2つを励みに、日々生きてます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。