安城七夕まつりのグルメの楽しみ方。屋台の時間やおすすめ紹介

日本三大七夕まつりの一つといわれる安城七夕まつりは、例年100万人超の人が集まる大きなお祭り。

屋台で食べられるグルメの数も盛りだくさんなんです!

安城七夕まつりの屋台についてお話します。

スポンサーリンク

安城七夕まつりのグルメを楽もう

安城七夕まつりの屋台の楽しいところは、屋台の数が多いことと、地元の商店が出店している数も多いこと

よくお祭りで見かけるような定番の屋台グルメのほかに、地元の名店の味が楽しめるのがいいんですよね。

商店街の中を通ると、グルメだけではなくて、ワークショップやグッズの販売もあるので、見て回るだけでかなり楽しいです。

会場の範囲は広くて、だいたい500店舗程度の屋台が出ると言われているので、全部の屋台を見て回るのはなかなか難しいです。

夕方ころからは人混みも多いですしね。

たくさんある出店の中で、これ見つけたら食べてみて!というグルメを紹介します。

安城七夕まつりの楽しみ方

御当地グルメ

  • 鳥皮餃子
  • たません
  • 水煎包

があります。

鳥皮餃子は、その名のとおり鳥皮で具を包んだ餃子です。

屋台で食べたのは、皮がパリパリで美味しかったです。

 

たませんは、えびせんべいの間に焼いた卵やマヨネーズなどを挟んだものです。

家でもアレンジして作るのですが、子供たちにも大好評のおやつになってるんですよ。

 

水煎包(シュイチェンパオ)は、もともと台湾のグルメで、小龍包を焼いた焼き包子(パオズ)のこと。

安城で有名なお店

  • 北京本店の北京飯
  • 洋菓子工房 Tin-Ker Bell(ティンカーベル)の手作りシロップのかき氷
  • デンパークハム工房のハムカツ

の3つの屋台を見つけたら、味わってみてほしいなと思います。

 

北京本店の北京飯

ごはんの上に、トロトロの卵と豚肉のから揚げが盛りつけられ、甘辛のタレで食べるグルメです。

北京本店の出店で、北京飯のほか、卵とから揚げをもちもちのパンで挟んだ北京パンが食べられます。

人気があるので、七夕まつり終了より早く閉店してしまうこともあるので、早めに探してみるのがいいですよ。

ティンカーベルの手作りシロップかき氷

ケーキ屋さんが作るかき氷です。
ふわふわの氷のうえに、無添加の手作りシロップがかかっています。

フルーツの果肉が入っているのも美味しいんです。

味はイチゴ、グレープフルーツ、マンゴー、オレンジイチゴ、抹茶がありました。

デンパーク工房のハムカツ

デンパーク工房で作っている安城ハムを使ったハムカツです。

他にもいろんな種類のフランクが味わえます。


スポンサーリンク

安城七夕まつりの屋台の時間

安城七夕まつりの開催時間に合わせて、午後10時までとなっています。

七夕祭りは午前10時~だけれど、その時間は開いていない屋台も多いです。

日中が暑くて人出も少ないせいか、お昼過ぎから開店準備が始まり、15時頃になると全ての出店が開いている感じです。

 

午前中に行ったからといって、全く屋台が開いていないわけではないです。

安城七夕まつり最終日は、在庫が少なくなっているお店もあるし、午後8時頃から早々と店じまいを始めるお店も出てきます。

まとめ

安城七夕まつりの会場は、いくつかの通りに分かれているし、夜の人混みはものすごいので、移動に時間がかかります。

食べてみたいなと思うものが見つかったら、心残りないよう、色々食べてみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました