蛇窪神社の限定御朱印を七夕にもらおう!蛇窪龍神祭の混雑について

おでかけ


ブログを読んでくださり、ありがとうございます。

蛇窪神社(上神明天祖神社)では、毎年7月7日に行われる蛇窪龍神祭の限定御朱印を頂くことができます。

でも、頂ける御朱印は、七夕仕様ではなくて、蛇窪神社に祀られている龍神様をモチーフにしたものなんですよ~。

龍神祭限定で頂ける御朱印の限定枚数や授与時間などについて、お話しますね。

スポンサーリンク

蛇窪神社の限定御朱印とは

毎年7月7日限定で、授与される御朱印なのですが、蛇窪神社(上神明天祖神社)の御朱印は、七夕仕様ではありません。

過去には、シークレット御朱印などと言われ、限定枚数も限られた七夕をイメージした御朱印が授与されていたこともありました。

▼七夕のシークレット御朱印を授与していた頃の混雑や限定枚数はこちらからどうぞ
上神明天祖神社の七夕御朱印はシークレット。時間、混雑、もらい方

 

そのときは、七夕をイメージさせる涼やかな御朱印だったのですが、2019年現在に頂ける7月7日限定の御朱印は、迫力ある龍神様が描かれた御朱印になっています。

蛇窪神社で七夕に御朱印を頂くには

2016年なんかは、シークレット御朱印なんて呼ばれて、限定100枚の授与だったので、かなり早い時間から並んで、シークレット御朱印の整理券をゲットしたりしていました。

2018年は限定500枚だったのですが、今年はもっと枚数が増えて、1500枚の限定御朱印が授与されるんです!1500枚だと、かなり頂ける確率は高くなりそうですよね。

なるべく多くの参拝客に授与したいとの考えからみたいですよ。もちろん参拝が第一だけど、限定御朱印が頂けたら、こんなに嬉しいことはないですよね。

 

受付時間は、午前9時~午後6時までですが、午前8時から誘導(整理券配布)を開始します。

蛇窪神社の近隣への配慮から、午前8時より前には並ばないように、と公式ツイッターで言っているので、あまり早くから並ぶのは控えた方がよさそうです。

 

蛇窪龍神祭御朱印は、1部600円書き置きのみになります。小銭を用意しておくと、受け取りもスムーズですよ!


スポンサーリンク

蛇窪龍神際の御朱印の混雑

2018年は、500部の用意がありましたが、早い段階で整理券終了になってしまいました。

2019年には、1500枚の授与があるとしても、どの時間帯まで残っているかは分かりません。

整理券を頂いたら、今度は、御朱印を頂くために並ぶ必要があるので、社務所受付からずらりと長い行列ができます。

境内は日向も多いので、帽子や日よけは用意していった方がいいですよ。

 

整理券の番号によっては、限定御朱印の授与まで、数時間は余裕見ておいた方がいいと思いますよ。

2018年は、夕方になっても御朱印を受け取る列が続いていたので、1500枚となると、どれくらいかかるのか謎です。

 

2018年までは、整理券配布が終了した時点で、受付は終了だったのですが。

2019年は、限定御朱印授与の整理券の配布が終わった時点で、龍神祭御朱印拝受券というものが配られます。

後日、2019年7月13日(土)~7月30日(火)の間の受付時間内に参拝に訪れて、龍神祭御朱印拝受券を社務所受付に渡せば、書置きの龍神祭御朱印を頂くことができますよ。

寝坊しちゃった、とか、出遅れてしまった、という方も、諦めずに上神明天祖神社まで向かってみてはいかがでしょうか?

まとめ

毎年、すぐに整理券がなくなる人気の龍神祭御朱印。今年は、焦らずにゆっくりと蛇窪神社に参拝に伺えそうです。

7月7日当日は、参拝も御朱印も長蛇の列になるので、日差し対策や雨対策などのお天気対策をしっかり準備して、おでかけくださいね。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました