スリーデーマーチ2日目コース20キロの出店や休憩ポイント紹介

おでかけ

日本スリーデーマーチは、休憩や食事はそれぞれのペースに合わせて自由にできます。

ウォーキングコース中には、休憩ポイントがあったり、地元の方の好意で、お茶や食べ物を頂けることもあります。

2日目20キロコースの休憩ポイントやトイレについてお話します。

スポンサーリンク

スリーデーマーチの2日目コースに参加してみた

歩くことももちろん楽しいんですけれどね。

食べることが大好きな私としては、途中の休憩ポイントで、食べることも楽しみの一つなんです。

ウォーキングコースの途中には、地元の方の善意によるおもてなしもあったりして、気分転換にもなりますし、元気も回復します。

湯茶接待所では、お茶を頂くこともできるので、必ずマイカップは持参するようにしてくださいね。

スリーデーマーチ20キロコースの休憩ポイント

スリーデーマーチ2日目の20キロコースを歩いて、最初の湯茶接待は、ベルヴィ ディアナ・マリエールさんでした。

結婚式場なのですが、中の式場も見学することができます。

娘と『すごいね~』と、しばらく見学。

トイレは大混雑で、諦めようと思ったら、

隅っこに小さなトイレがあり、お借りすることができました。

肝心のマイカップを忘れてしまい、お茶を頂くのは諦めました。残念・・・。

 

次の休憩ポイントは、吉見百穴。

この日は、入場料無料で吉見百穴を見学することができるし、敷地内には売店やテーブルもあるので、休憩することができますよ。

私たちは、御家宝というお菓子を買って食べました。

吉見百穴のトイレは、比較的空いていましたよ。

吉見百穴を過ぎると、しばらくお手洗いはないので、心配な人は、ここで済ませておくのをおすすめします。

吉見百穴から次の岩鼻運動公園までは、歩いて約30分位でした。

 

岩鼻運動公園のトイレも、結構列ができていましたよ。

岩鼻運動公園から、東松山市ぼたん園までの途中にも、小さい公園があり、トイレが奥にあります。

岩鼻運動公園から、東松山市ボタン園までは徒歩で約1時間ほどかかったので、公園でトイレを済ませるのもいいと思います。

 

チェックポイントでもある東松山市ボタン園では、早めの昼食を取っている人、結構いました。

私たちも、出発してすぐのところにある、だんごや『あけぼの』で買った、お団子やのり巻き、お弁当を食べました。

▼トイレの様子

ボタン園入口のトレイは結構混んでいますが、ウォーキング順路を進むと、別のトイレもありました。

地元の方のお気持ちで、駄菓子を配っていました。大人ももらえましたよ。

ぼたん園を出発して、15分程歩くと、なにやら太鼓の音が聞こえてきました。
あかつき園という施設が、スリーデーマーチのために開いているイベントみたいです。

▼トイレは3つありました。

出店がたくさんあって、どれを買うか悩みます。

簡易椅子に座って

おこわを食べました。

太鼓も叩かせてもらえます。

あかつき園から森林公園までは、歩いて約30分程かかります。

途中、比丘尼山付近で、地元の方のおもてなしで、手作りのパンプディングを頂きました。

とっても美味しくて、元気が出ました。

この後、森林公園に到着して、南口の湯茶接待所に付いたのですが・・マイカップを忘れたので頂けなかったです。

もうほんと、マイカップは忘れずに持参した方がいいです!

お手洗いは森林公園が最後になるので、なるべくトイレは済ませて出発しましょう。

このテントが最後の出店。

お茶やクッキー、パウンドケーキが販売されていましたよ。

ここから、ゴール地点の中央会場まで、約1時間歩いて無事ゴールできました。


スポンサーリンク

スリーデーマーチの出店やコンビニ事情

岩鼻運動公園には、自動販売機が置いてありましたが、2日目20キロコースのウォーキングコースで、なかなか自動販売機はみかけなかったし、コンビニの前は全く通りませんでした。

スマホの地図を見ると、ウォーキングコースとは反対方向には、コンビニがあったりはしたんですけれどね(笑)

30分間隔位で、休憩ポイントはあるので大丈夫だと思うのですが、水分はしっかり持参するといいですね。

過去に、うちの子が、むやみに水筒を飲んだ結果、途中で自販機やコンビニを探し回る・・・けどどこにもない!という事態に陥ったことがあったので、子供連れの場合は、特に水分は用意していった方がいいです。

森林公園からゴールの中央会場までは、休憩ポイント等はないので、気を付けてくださいね。

ただ、ゴール地点に近づくにつれて、コンビニは出てきました。

まとめ

休憩ポイントやトイレについて、まとめてみました。

こうしてみると、結構休んだり、色々食べてるな~という感じ。

そりゃ体重も減らないわけだわ・・・。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました