ハンターマウンテンにノーマルタイヤは道路の雪次第?送迎バスはどこから?

アウトドア

スキー場に1度や2度行く為だけに、スタッドレスを購入するのはもったないない気がしますよね。

ハンターマウンテン塩原までノーマルタイヤで行けたら一番ベストなんでしょうけれど。

ノーマルタイヤのままでハンターマウンテン塩原まで滑りに行ける方法と道路の積雪についてお話します。

スポンサーリンク

ハンターマウンテンへノーマルタイヤで行くのは可能?

ハンターマウンテン塩原までノーマルタイヤのみで行くのは危険です。

我が家は西那須野塩原ICから国道400号線を通って行くのですが、途中から道路に雪があるので、スタッドレスやチェーンがないと、スリップする可能性があります。

有料道路(日塩もみじライン)はカーブや坂道もあるので、ノーマルタイヤのままだと怖いです・・・。

実際、目の前で車がスリップしたのを見たことがあるので、なおさらそう思います。

ハンターマウンテンにノーマルタイヤで滑りに行くのは、安全面でおすすめしないです。

▼ハンターマウンテンまでの道路の雪や凍結についてはこちらもどうぞ
ハンターマウンテンにスタッドレスなしはあり?チェーンをノーマルタイヤに付ければ道路の雪も通れる?

ハンターマウンテン道路の雪や凍結

春スキーの時期(2月後半~3月)になると暖かくなるので、道路の雪もなくなってきます。

雪が溶け消えてアスファルトだらけの駐車場をみると、ほんとにスキー場に雪残ってるの!?って心配になるくらいだったりします(笑)

ただ、朝夕が冷えるので道路が凍結する恐れがあります。

うちの主人いわく『雪より凍結が怖いんだよな~』とのこと。

運転しない私には分かりませんが、帰り道の下り坂やカーブはかなり気を使うそうです。

 

日によっては運転しやすい日もあるんすが、途中で天候が変わることもあるので、やはり念のためにも最低でもチェーンは車に積んでおいた方がいいと思います。

チェーンって慣れてないと着けづらいんですよね。

もしチェーンを購入したなら、ハンターマウンテン塩原に滑りに出かけるまでに2、3度、チェーンの脱着の練習をしておいた方がいいですよ。

チェーンがあっても、着けられなかったら立ち往生になってしまうことも。

 

車のタイヤとは関係ないのですが、うちの車、夕方5時過ぎの寒さのためにエンジンがかからなくなったことがあります。

車やさんに電話したり、説明書呼んだり、保険会社の無料駆け付けセンターに電話したりと2時間ほど費やし、ダメもとでもう一度エンジンかけたら、いきなりかかったことがありました。

あの時は、疲れと寒さでしんどかったな~・・・という冬のハンタマでの思い出話です(余計な話ですね(笑))

やっぱり夕方以降の寒さは侮れないな~と身にしみました。


スポンサーリンク

ハンターマウンテンの送迎バスを利用

もしチェーンは着けたくないという場合は、ハンターマウンテン塩原行きのシャトルバスを利用するという方法があります。

シャトルバスは、

  • JR那須塩原駅西口
  • 那須ガーデンアウトレット

の2ヶ所から無料で乗車することがあります。

 

無料の送迎バスを利用する際の注意する点として

  • 往路・復路、各1本のみの運行
  • 事前予約制
  • 1月1日~1月3日の正月三が日は、無料予約制シャトルバスは運休

ということがあげられます。

 

往復の発着時間

☆往路(行き)
JR那須塩原駅発8:10→那須ガーデンアウトレット発8:30→ハンタマ着9:25予定
☆復路(帰り)
ハンタマ発16:30→那須ガーデンアウトレット着17:35→JR那須塩原駅着17:45予定

片道1時間以上乗っていることになりますが、朝早くの出発で寝てしまうし、帰りは疲れて爆睡してしまうので、わりとあっという間です。

バスの揺れって気持ちいいんですよねぇ~♪

車を運転しなければいけない主人にとっては、疲労回復&寝不足解消にちょうどいいみたいです。

 

予約方法

予約はWEB予約のみで、那須中央観光バスのホームページから予約することができます。

電話などでの予約はできないので、気をつけてくださいね。

スキーやスノボ道具など荷物は、バスのトランクルームに入れることが可能です。

 

車の駐車場所

JR那須塩原駅近くのコインパーキングだと、1日最大料金500円~600円程で駐車することが可能です。

土日祝や年末年始の混雑期のハンターマウンテン塩原の駐車場は1日1,000円かかるので、少し安くなりますね。

 

那須ガーデンアウトレットからシャトルバスに乗車する場合は、那須ガーデンアウトレット駐車場内に専用の駐車場スペースが確保されていますよ。

那須ガーデンアウトレットの駐車場なら無料なので、まるまる1,000円お得になるので、スキー場での食事代やレンタル費用にあててもいいですよね。

まとめ

ハンターマウンテン塩原のシャトルバス、本当に楽ちんです。

朝は早く起きたから眠いし、帰りはヘトヘトなので、バス内の暖房が心地いいですよ~♪

ノーマルタイヤでハンターマウンテン塩原に向かうなら、無料予約制シャトルバスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

▼ハンターマウンテンの年末の混雑について知りたい人はこちらもどうぞ
ハンターマウンテン年末混雑の感想。駐車場やファミリーゲレンデの混み具合は?
スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました