10月に浴衣を花火大会に着ていくのはおかしい?みんなどんな服装で行くの?

おでかけ

花火大会といえばやはり浴衣ですよね~。

でも秋に行われる花火大会でも浴衣ってありなんでしょうか。

もし花火会場に行って浴衣の人がいなかったら、ちょっと恥ずかしくて最悪、花火見物どころじゃなくなる可能性も・・・。

10月の花火大会に浴衣を着ていくことについて、見物客の服装や肌寒さなんかと合わせてまとめました。

スポンサーリンク

10月に浴衣を花火大会に着てる人はいるの?

私の経験では、10月に催される花火大会で浴衣を着ている人見かけます!

カップルとか家族連れとか女子グループとか、色んな浴衣のグループ見かけます。

男性の浴衣姿も見かけますよ。

浴衣の人はちらほら見かけるので、今は秋の浴衣もありなんだな~と思っています。

 

『やだぁ、あの子、10月なのに浴衣なんか着てるぅ!?』という感じはなくて、普通に花火見物客に溶け込んでいる感じさえします。

ただ、花火見物に来た観客全体からすれば、浴衣を着ている人の数は少ないと思いますが、それでも花火会場のあちこちでちらほら見かけるなというのが、私の感想です。

もし10月の浴衣で違和感を感じるんだとすれば、花火大会会場ではなく、行き帰りの電車やバスの中かもしれませんね。

10月に浴衣はおかしい?

『浴衣と言えば夏の装い』というのは、昔も今も変わらないんじゃないかなと思います。

でも今って、着物やさんが『秋浴衣』をすすめていたり、10月の花火大会に合わせて浴衣の着付けや浴衣レンタルをしているお店もあります。

だんだん、浴衣=夏の服装というイメージが緩くなって、秋でもお祭りや花火大会などのイベントを浴衣で楽しもう、という人も増えているんでしょうね。

 

実際、浴衣の柄次第では秋っぽくて、花火見物客の洋服の色合いに馴染んでいる場合も多いですよ。

花火大会が開催される地域にもよるけれど、今は10月でも寝苦しい時期はあるし、夜でも半袖や夏服で充分な気温の時もあります。

10月に浴衣を着るなら、色合いや模様が秋らしい柄を選ぶとか、寒さ対策をしっかり立てるといいと思いますよ。


スポンサーリンク

10月の花火大会の服装を浴衣にするなら

寒さ対策

10月はお天気によって、夜が涼しくて気持ちいい日もあれば、肌寒い日も出てきます。

せっかく浴衣を着てお洒落しても寒かったら、花火見物どころじゃなくなって残念ですよね。

体調を崩すのも嫌ですしね。

 

10月に浴衣を着るなら、寒さ対策は万全にしていくのがいいと思います。

  • 厚手のストールを持っていく
  • 浴衣の下に下着を着ていく
  • 足袋や5本足ソックスなどを持参する
  • ホッカイロを持参する

特に首元や足元を保温すると、体感温度変わってくると思います。

 

花火を見物する場所よっても、肌寒く感じる度合いは変わってきます。

  • 海の近くで見るなら、海風が強いと、実際の気温よりも寒く感じます。
  • 土手で座ってみる場合、地面からの底冷えの可能性があります。

 

街中のアスファルトの上で見るのとは、身体の冷え方は変わってきますよ。

土手で見るなら、座布団などの敷物があると冷え対策になります。

秋の浴衣着こなし対策

浴衣の柄によっては、夏真っ盛り!な柄もありますよね。

色なら水色や黄色、柄ならアサガオやひまわり・金魚などなど夏の代名詞みたいなだったり。

花火大会に来ている見物客の服装が茶色や黒・深緑・ベージュ・エンジ色など秋を思わせる色の場合、やっぱり微妙に浮いてしまう可能性はあります。

もしなるべく他の花火見物客と色を合わせたいなら、秋っぽい色や柄の浴衣を着用するのも一つの方法かなと思います。

 

でも、秋になっていまさら浴衣買うのもばかばかしいところ。

浴衣をレンタルせず、自前の浴衣があるならそれで充分だと思います。

実際、ザ・夏な浴衣を着ている人も見かけます。

もし気になるなら、薄手のストールでも羽織っておくと浴衣の柄が目立ちにくくなると思います。

 

その他、着物の小道具を取り入れて、浴衣を着物っぽくみせる方法もありますよ。

『秋浴衣』でネット検索すると、秋の浴衣の装いや着こなし方も結構出てくるので、よかったら探してみてくださいね。

まとめ

10月に浴衣って、なんだか季節外れもいいところ?な感じもしますよね。

でも、浴衣をオシャレとして楽しんでいる人もたくさんいるので、浴衣で秋のイベントを楽しんむのもいいと思いますよ。

体調を崩したりして、最後まで花火見物楽しめなかった・・・なんてことになったらもったいないです。

10月に浴衣を着ていくなら、寒さ対策しっかりたてていってくださいね。

楽しい花火見物ができますように。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました