カサマヤ物産のレンタルスキー借りた話。混雑状況や施設も紹介

アウトドア

ハンターマウンテン塩原に行く途中にあるのがカサマヤ物産さん。

早朝、スキー道具やスキーウェアをレンタルしてからハンターマウンテン塩原に行くのが、いつものルートです。

カサマヤさんでスキーを借りた体験談やお店の様子などについてお話しますね。

スポンサーリンク

カサマヤ物産でのレンタル方法

午前7時位にカサマヤさんに到着すると、すでにレンタルを終えて出発する人達がいます。

カサマヤさんからハンターマウンテン塩原までは車で50分位なので、午前7時にカサマヤさんを出発できれば、早ければ午前8時過ぎ位には滑り始められるんじゃないかなと思います。

お店の中にもスキーやスノーボードレンタルのお客さんは結構いるのですが、まだ少ない方なので、いつもすぐ受付してもらえます。

 

カサマヤさんでスキーやスノーボードをレンタルする手順は次の通り

  • お店の人にレンタルしたい用品と個数を伝える
  • レジで精算
  • お店の奥で、板やブーツを選んでもらう
  • 返却用の番号札を渡される

こんな感じです。

受付の際、身分証明書のコピーを取られます。

必ず身分証明書を携帯してお店に入りましょう。

 

カサマヤさんのホームページには、レンタルスキー関連200円引きのクーポン券があるんですね。

スマホで割引画面を提示すると、5名まで割引サービスが受けられますよ。

我が家(大人2人、子供2人)の場合、割引クーポンを使ってスキー道具一式を4人分借りても、合計6,400円とめっちゃ安い金額で済みます。

我が家は子供が2人いるのですが、ブーツが足に合っているか、板の長さはちょうどいいか、丁寧にそしてパッパッと選んでもらえるので、すごい助かっています。

 

レンタル道具が一式揃ったら、道具やウェアと一緒に番号札を渡されます。

この番号札は返却の際に必ず必要になるので、失くさないようにしましょう。

スキーの帰りは、レンタル用品一式と番号札(黄色いプラスチックの札)を一緒に返したら終わりです。

なにかに署名するなどは特にありません。

カサマヤ物産の混雑状況

午前7時の段階では、いつも空いています。

受付もレンタル品を選ぶのも、待たされることはないです。

ただ一度だけ、先客が結構大人数グループだったときは、10分位待たされました。

それでもハンターマウンテン塩原スキー上のレンタルコーナーの混雑に比べたら、全然少ないと思います。

お店の人に聞いたら、『レンタルが混むのはこれからだよ』と教えてもらいました。

 

我が家はレンタルを終えたら、トイレを済ませて、ちょっとお茶を頂いて滑りに出かけるという感じで、午前7時半位にカサマヤさんを出発します。

なので、午前7時30分以降に行くと混雑してくるのかもしれないです。


スポンサーリンク

カサマヤ物産の施設について

1階はスキーやスノーボードの板やブーツ、ストックなどが置かれています。

2階がウェアなどのレンタルコーナーになっています。

小物(帽子やグローブ、ゴーグル)などのレンタルはないのですが、端っこの棚で売られています。

ブランドやメーカー品ではなく、すごく安い値段で販売されているものなので、とりあえずその日だけ使いたいという場合には、ちょうどいいんじゃないかなと思います。

そんなに数や種類はなかったです。

 

店内にはお土産コーナー(栃木県の銘菓や特産品など)や、無料でお茶を頂けるスペースがあります。

お手洗いも綺麗で空いているので、スキー場に出発する前にお手洗いを済ませていくといいですよ。

無料の足湯設備もあるんですが、残念ながら冬季は使えないそうです。

まとめ

カサマヤさんの駐車場はとても広いので、混雑で入れないということはないと思います。

レンタルする彩は、その日によって返却受付時間が変わるそうなので、ナイターや日帰り温泉などを楽しむ場合は、返却時間をしっかり確認しておいてくださいね。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました