墨田区高木神社で七夕御朱印を頂ける時間やご利益、混雑まとめました

墨田区の高木神社で、は可愛らしい七夕の御朱印を頂くことができます。
高木神社の七夕御朱印についてまとめました。

スポンサーリンク

高木神社で七夕御朱印を頂くには

七夕御朱印が頂ける高木神社は東京都墨田区押上にあります。

最寄り駅は

  • 東京スカイツリーライン「曳舟駅」から
    徒歩8分程度
  • 東京メトロ半蔵門線・都営浅草線「押上駅」から
    下車 A3出口より徒歩9分程度

の場所にあります。

 

高木神社で頂ける七夕の御朱印は、見開きサイズで1枚のものとなるので、
書き置きで頂くことになります。

 

初穂料は500円です。
通常の御朱印は、初穂料300円なので、お間違えないように。

2つ頂くなら、800円。
なるべく小銭か1000円札を用意していきましょう。

 

高木神社の通常の御朱印も月替わりの御朱印なんですよ。

どこが違うのかというと、
左下に押印してある、結ばれたおみくじの判子の色が違っています。

 

小さな違いだけど、
毎月参拝する折に御朱印をしっかり頂いている方もいらっしゃるようです。

もしすでに高木神社の御朱印を頂いている方も、七夕の御朱印を頂くご縁で、
7月の御朱印を頂くのもよさそうですね。

 

七夕の御朱印は7月1日~8日間の限定配布です。
そうはいっても、やはり7月7日に頂きたい方は多くて、混雑も多いです。

 

7月の御朱印は7月1日~31日の間に頂くことができるのですが、
7月7日のみ書き置きでの対応になります。

混雑を避けたい方や、7月の御朱印を御朱印帳に書いてほしい方は、
7月7日を避けるのがいいですね。

高木神社で御朱印を頂ける時間

御朱印は朝9時~夕方5時の間に伺えば頂くことができます。
七夕の御朱印、7月の御朱印ともに同じ時間です。

高木神社では、授与する枚数を限定していないため、
七夕の御朱印の期間中に参拝すれば、七夕御朱印は頂けます。

ご自分の都合のいい日時に伺えるのが、ありがたいところです。

 

神社の方のお話では、その年によって状況は変わるので、
混雑状況については一概にこう!とは言えないそうです。

ただ、7月7日が土曜日、日曜日と被った場合は混雑必死ですので、
暑さ対策を万全にしてお出かけするといいですよ。


スポンサーリンク

高木神社のご利益とは

高木神社で販売されている御朱印帳はおむすび模様です。
御朱印を受け取る時に一緒に授与される「結び石」もおむすびの形です。

これはなんでかというと、

高木神社に祀られている神様が、
高皇産靈神(タカミムスビノカミ)という名前の神様だから。

ムスビ→おむすび。

万物生成・生産することや、心願成就、交渉や相談事がまとまる
もちろん色んなご縁を結んでくださるようです。

 

気になるあの人とのご縁も・・・

ってもう私には関係ないことなので、
こっちはうちの娘や息子寄りの願いですね。

小学3年生のやんちゃ君でも好きな子っているようで、
「今日は友達と恋話してきた!」
と学校でのお話を聞かせてくれます。

 

御朱印と一緒に授与される結び石は、とってもちっちゃくて、
お財布などに入れて、おまもりにしてもいいですよ。

高木神社で七夕御朱印を頂くまとめ

高木神社で一番の混雑は7月7日、
とくにこだわりがなければ、
7月7日をはずすとスムーズに御朱印を頂けます。

高木神社で七夕の御朱印を頂く際、混雑で待ち時間が発生したら、
ぜひ近隣の有名スポットを散策してみてくださいね。

近くには隅田川も流れているし、東京スカイツリーまでは徒歩15分程の距離です。

 

七夕の御朱印を頂ける東京都内の神社をこちらにまとめました

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました