花言葉で先生に感謝を伝えられる花を紹介。卒業式の花束の予算と渡し方・男の先生に渡しやすい花・尊敬や別れの意味を持つ花も紹介。

イベント
スポンサーリンク

感謝の気持ちを花言葉で伝える花なら、

  • カスミソウ
  • ピンクのガーベラ
  • 濃いピンクのバラ
  • 白いダリア
  • ホワイトレースフラワー
  • カンパニュラ
  • フリージア
  • 赤いポピー
  • ピンクのカーネーション

があります。

 

また、尊敬や別れを伝えたいなら、

  • 白いバラ
  • ピンクのカーネーション
  • スイートピー

があります。

 

男の先生の場合、何色の花束にするか悩むところですが、

  • 先生の好きなカラー
  • 先生のイメージカラー

この3種類の中から選ぶと、男性の先生に合った花束ができます。

 

特に白は高級感やクールなイメージがあるので、緑や青と合わせると清涼感のある大人の花束ができますよ。

 

予算は、4000~5000円位で注文すると豪華な花束ができますよ。(生徒30人なら一人130円~170円程度の出費)

また、花束ではなく、一人一本ずつ切り花を先生に渡す方法なら、切り花一本の値段が一人当たりの予算になります。

切り花は、150円~300円と値幅があります。

記事では、花の種類ごとに紹介もしているので、花選びの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

先生に感謝の気持ちを花言葉で表せる花の種類

カスミソウ

花言葉:感謝・幸福

花屋さんで一年中購入することができるので、季節を選ばず贈ることができます。

ピンクのガーベラ

花言葉:感謝・思いやり・愛情・崇高美
3~5月・9~11月頃が旬の花なので、卒園式・卒業式シーズンにぴったりの花です。

注意してほしいのが『色』

ガーベラ自体の花言葉は『希望』です。

また、色によっても花言葉の意味は変わってしまうので、ガーベラを選ぶ場合はピンクを選んでくださいね。

濃いピンクのバラ

花言葉:感謝

バラは一年中、購入できる花なので、季節を問わず、先生への感謝を伝えることができる花です。

バラも色によって花言葉の意味が変わる花です。

同じピンクでも、薄いピンクの花言葉は『誇り』。

いい意味の言葉ではありますが、先生に対する感謝の気持ちを伝えるなら、濃い目のピンクを選ぶようにしましょう。

また、バラは本数でも意味が変わってきます!

8本のバラは、

『あなたの思いやり、励ましに感謝します。』

という意味になります。

いつも生徒を応援してくれた先生、思いやりの深い先生には、8本の濃いピンクのバラをメインにした花束を贈るのもいいですね。

白いダリア

花言葉:感謝

大ぶりの華やかな花で、結婚式の装花や花嫁のブーケに人気があります。

9月~10月頃の秋の季節が旬の花なので、卒業式シーズンは探すのが難しいかもしれません。

ダリアは存在感がある花なので、グリーンと合わせたブーケが素敵です。

ホワイトレースフラワー

多く見られるのは、春から夏にかけてですが、一年中手に入る花です。

レースのような豪華さがあり、主役ではないけれど、他の花と合わせると豪華な花束になります。

カンパニュラ

花言葉:感謝・誠実な愛・共感

風鈴のような形の可愛らしい花が、いくつも連なって咲く花で、5~6月頃に買えるお花です。

いい意味の花言葉もあると同時に、『後悔』のような後ろ向きな意味合いの花言葉も持ち合わせています。

フリージア

花言葉:感謝・親愛の情

12月~6月頃と長い期間、手に入る花です。

特に、紫のフリージアは『憧れ』という花言葉も持ち合わせています。

親しみやすい憧れを抱く先生にぴったりの花です。

赤いポピー

花言葉:感謝

1月~3月の冬の時期に手に入りやすい花なので、卒業式シーズンにも購入することができます。

ポピー全体の花言葉には、『思いやり』『陽気で優しい』という花言葉があります。

明るくて優しい先生に、感謝の気持ちを伝えるのにぴったりです。

ピンクのカーネーション

花言葉:感謝・尊敬・暖かい心
ピンクのカーネーションについては、↓『尊敬や別れの気持ちを伝えるなら』で詳しく紹介しています。

スポンサーリンク

尊敬や別れの気持ちを伝えるなら

感謝と同時に、尊敬や別れを伝えたい場合、

白いバラ

ずばり、花言葉は尊敬。

一年中手に入りますし、感謝の意味を持つピンクのバラと合わせたバラの花束なら、見た目も豪華になります。

ピンクのカーネーション

花言葉:感謝・尊敬・暖かい心

感謝と尊敬を一つの花で伝えることができます。

カーネーションは、母の日のイメージが定着していることや、色がピンクとうことから、女性の先生向きですね。

スイートピー

花言葉:門出・別離・優しい思い出・ほのかなや喜び

特に赤いスイートピーに「門出」「優しい思い出」「永遠の喜び」といった意味合いがあります。

春に咲く花なので、卒業式・入園式の出会いや別れによく使われる花です。

スポンサーリンク

卒業式シーズンに買える花の種類

感謝の花言葉をもつ花をいくつか紹介しましたが、卒業式シーズンに手に入りやすい花を紹介しますね。

  • カスミソウ
  • ピンクのガーベラ
  • 濃いピンクのバラ
  • ホワイトレースフラワー
  • フリージア
  • 赤いポピー

上記の中からメインの花を選んで、花束を注文してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

男の先生に渡すなら

ピンクの花束だと、女性っぽい雰囲気ですよね。

男性の先生に花束を贈る場合、

  • 先生の好きな色
  • イメージカラー
  • 白い花

このどちらかがいいと思います。

先生に好きな色があれば、その色の花束を家の中に飾るのも喜んでもらえるでしょう。

特に好きな色が思い浮かばない場合は、先生のイメージを色に変えてみるのも一つの方法です。

 

例えば、

  • 元気→オレンジなどビタミンカラー
  • 落ち着いた大人の雰囲気→紫
  • クールで知的→青

などといった感じです。

 

もし、色にこだわりが無い場合、おすすめは『白い花』です。

白い花束は高級感やクールなイメージをもちます。

白とグリーンをミックスすると、清涼感がありキリっとひきしまった花束ができるので、男性の先生にぴったりです。

 

☆白い花の例☆

  • トルコ桔梗→感謝の意味。白色は『思いやり』
  • 白いバラ→尊敬
  • 白いダリア→感謝

 

白いバラの花言葉は尊敬です。

感謝の意味も込めたいなら、紫のフリージア(花言葉は感謝・憧れ)と組み合わせても、大人っぽい雰囲気の花束になりますよ。

スポンサーリンク

卒業式の花束の予算と渡し方

花束を渡す場合

4000円~5000円くらいの予算なら、ボリュームのある立派な花束が注文できます。

一クラス30人なら、一人当たり130円~170円程度で予算達成できます。

花束を渡す場合、プレゼントや色紙を準備するとして、当日だれが何を渡すのか決めておきましょう。

一人ずつ花をプレゼントする場合

花束ではなく、先生に生徒一人一人が花を一本渡すやり方もあります。

  • 1種類の花を渡す
  • 各々が、好きな花を渡す

 

各自で好きな花を渡す場合、いくつか候補を決め、その中から選んでもらい、まとめて発注すると準備が楽です。

 

切り花の値段は、一本150円~300円程度と、花の種類によって、ばらつきがあります。

一本当たりの値段が、一人当たりの予算額になります。

花を渡すときに、一人ずつメッセージを一言添えると、より感謝の気持ちが先生に伝わりますよ。

スポンサーリンク

まとめ

『感謝』が花言葉になっている花は結構多いです。
また、同じ花でも色によって、花言葉の意味が異なる場合もあります。

お花屋さんに注文するときは、花の種類だけではなく、色もしっかり確認してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました