ローズマリーの地植えの間隔や注意点。水やりや冬の越し方、植え付けで枯れる原因も紹介。

スポンサーリンク

ハーブティ、料理の香りづけ、アロマテラピーなどに幅広く使われるローズマリーは、初心者にも育てやすい樹木です。

ローズマリーは鉢植えやプランターでも育てられますが、地植えで行う場合は、40~50㎝ほど間隔を開けて行うのが良いとされています。

樹木の太さによって、30㎝~70㎝と植える幅を変えるといいですよ!

 

地植えをする場所の注意点として、日当たりが良くて、水はけもしっかり出来る所であることが大事です。

ローズマリーの木は植え替えを好まないので、育ちやすい環境かよくチェックしてから植えるようにしましょう。

スポンサーリンク

ローズマリーの地植えの間隔

間隔を40~50㎝ほど開けて、地植えを行います。

細見のものであれば、30~40㎝くらい、幅が広めであれば、50~70㎝くらいにしても良いでしょう。

空いた間隔が寂しくみえてしまうなら、他の植物をすき間に埋めてあげると見映えもバランスも良くなりますよ。

 

ローズマリーは、刈り込んだり、剪定をすることで、比較的、株の幅を調節しやすいといえます。

そして植え替えを嫌う植物のため、根付いたあとに、引き抜いて移動させることになると、枯れてしまいます。

そんな悲しい結果にならないように、植え付ける場所を事前にしっかりと考えてから行いましょう。

スポンサーリンク

地植えの注意点

地植えの場所は、日当たりが良く、排水もしっかり出来る場所や土を選んでください。

湿気があって、じめじめしている所は、根崩れを起こしたり、日当たりが悪い場所では、花つきも悪くなってしまいます。

 

ジメジメした環境は、真夏の日差しやカラッとした乾燥を好むローズマリーにとって、厳しいものになりますので、地植えの場所は、よく考えてから行う必要があります。

 

またローズマリーは、枝葉が混み合いやすいので、剪定作業を定期的にやることも大事なポイントになります。

特に、梅雨や暑い夏の時期の剪定はこまめにやり、風通しを良くしてあげましょう。

スポンサーリンク

地植えした後の水やり

苗が根付く前は、土が乾いていると分かったら、気温が上がりきっていない涼しい時間、午前中に水やりをするのが良いでしょう。

そして、根付いたあとは、特に水やりはしなくても大丈夫です。

自然に降る雨や、地中に蓄えられた水分だけでローズマリーは、充分に成長ができます。

 

季節によっては、雨が降らない日が続いてしまうこともありますよね。

葉が弱々しくなっていたり、土も乾燥してカラカラの状態になっていれば、その時は水やりが必要になります。たっぷりと水を与えるといいですよ!

スポンサーリンク

地植えの冬の越し方

ローズマリーは、暑さにも冬の寒さにも強く、耐寒性もあり丈夫なハーブです。

ローズマリーの耐寒性は、おおむね-5℃から-10℃くらいといわれ、耐寒性が弱いとされる品種では、-5℃前後くらいになります。

ですので、0℃くらいに下がって、弱い霜が降りるくらいの寒さなら、放っていても特に問題はないです。

 

しかし、強い霜が当たってしまえば、枯れてしまう可能性があります。

耐寒性については、品種によって少し違いがありますので、寒冷地で育てる場合は、耐寒性に強い品種を選ぶことが重要です。

 

地植えのローズマリーは、冬が来る前に剪定すると株の負担を減らすことができますよ。

スポンサーリンク

地植えした後に枯れる原因

枯れる原因として考えられるのが、水のやりすぎの可能性があります。

水を過度にやりすぎると、根腐れが起きたり、多湿になったせいで枯れてしまうのです。

梅雨や雨が長く続いた時は、枯れてしまうこともありますから水やりは控えましょう。

 

ローズマリーは元々、地中海地方原産のハーブですから、日当たりが良くて、カラっとした乾燥している場所が好きです。

しかし、あまりにも乾燥しすぎている状態は、良くありません。

土がカラカラに乾燥し、ローズマリーの枝先が萎れていることに気づいたら、たっぷりと水をやってくださいね。

 

また、葉が混み合って風通しが悪くなると、そこに湿気が溜まり、枯れることに繋がる場合もあります。

剪定は、忘れず定期的に行ってください。

スポンサーリンク

まとめ

ローズマリーの地植えの間隔や注意点、水やり、冬の越し方や枯れる原因など気になる点をご紹介しましたが、いかがでしたか。

地植えして根付いたあとに、引き抜いて移動すると枯れてしまうことや、湿気のある場所や日当たりが悪い所は苦手で、定期的な剪定が必要など、育てるには大事なポイントが沢山ありましたね。

今回、ご紹介したポイントに注意すれば、ローズマリーは、初心者でも育てやすいハーブといえます。

もしローズマリーを育てたら、可愛い花が咲くことを楽しみにしたいです。そして収穫したら、まずは、ハーブティーにして香りを楽しみたいです。

他にも、料理の香りつけや、肉や魚のにおい消し、料理以外では、入浴剤に使ってみたり、手作りの消臭剤に挑戦してみても良いかなと思いました。

そんな色々な用途があるローズマリーは、毎日の生活をイキイキと楽しくさせてくれそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました