爪割れの補修グッズは100均やドラッグストアで買える!セリアやダイソーの商品紹介。ジェルネイルやアロンアルファ、ティッシュ、テープを使った補修方法も紹介。

生活
スポンサーリンク

爪割れは気になって何をするにもやりにくいですし、さらに爪が割れることがあるので、困りますよね。

ここでは、そんな爪が割れてしまった時に使える補修グッズや補修方法についてご紹介します。
爪割れの補修グッズは、セリアやダイソーなどの100円ショップの他、ドラッグストアで買うことができます。

ネイルグルーというネイルチップをくっつける接着剤や、マニキュアを塗った後にコーティングをするトップコートで補修ができますよ。

 

身近な素材では、ティッシュとトップコートの組み合わせが、簡単ですよ。

スポンサーリンク

爪割れの補修グッズはセリアやダイソーなど100均で買える!

爪割れの補修グッズは100円ショップで買えます。
おすすめは、ネイルグルーというアイテムです。

ネイルグルーは爪の接着剤で、ネイルチップを爪にくっつける際に使われるものなので、爪の補修ができます。

 

①まず爪が割れている部分を洗い、きれいにします。
②その上からネイルグルーを爪全体に塗り、乾くまで待てば完了です。

ネイルグルーは、約1~2週間は、効果を保つことができます。

 

注意点としては、指にくっつくほどの粘着力があるので、爪からはみ出さないようにして塗りましょう。
そして無理矢理、剥がすようなことはせず、剥がれ落ちる時期を待ってください。

 

また、100円で買えるトップコートでも補修ができます。
使い方は、ネイルグルーと同じで、爪割れ部分を清潔にしてから塗って乾かします。

本来、マニキュアをコーティングするものなので、伸びが良いです。
効果は約1週間とネイルグルーより短くなりますが、簡単に塗りやすいですよ。

補修力を高める、おすすめの塗り方は、ネイルグルーを塗った上に、トップコートを塗るとダブル効果で補修力がさらにアップします。

スポンサーリンク

ドラッグストアでも買える

100円ショップの物では治らない、合わないと思ったら、ドラッグストアを見てみましょう。
ドラッグストアでも補修グッズは買えますよ。

使いやすさや補修の効果は、やはり100円ショップの物より格上になるため、値段が高い場合もあります。
爪割れをよく起こす方は、ドラッグストアの補修剤をおすすめします。

 

ネイル用品売り場を見てみると、爪割れ補修コート類があり、小さなハケで塗るタイプが多く売っています。
これはマニキュアやトップコートを塗る感覚で使いやすいですよ。

爪割れすると、水がしみてくる心配もありますから、しっかりとした補修剤をドラッグストアで見つけて補修していきましょう。

スポンサーリンク

ジェルネイルやアロンファルファで補修

ジェルネイルとは、ネイルサロンで行われているジェル状になった液体をライトに当て、硬化させるネイルを指します。

少し亀裂が入ったくらいの爪割れでしたら、そのジェルネイルを使えば補修ができます。

そもそも爪が、割れたり、剥がれたりするのは、爪自体が薄いことが原因になる場合があり、ジェルネイルは厚めに塗れますから、すぐ亀裂が入るトラブルは起きにくくなりますよ。

 

一度塗ると、約3週間持続し、すぐ剥がれる心配もなく、爪の補強にも良いとされています。
家でも簡単にできますが、指先に痛みを感じるときは、やめましょう。

 

また、アロンアルファを塗ることでも爪の補修はできます。
アロンアルファと聞くと少々抵抗感があると思いますが、実際に爪が回復したという声もSNSで意外と多く聞かれます。

ただ、アレルギー反応を起こす場合がありますから、皮膚が弱い方、敏感な方には、おすすめはできません。

スポンサーリンク

ティッシュで爪割れを補修

応急処置ですが、身近なティッシュでも爪割れを補修できます。
コーティングするため最後は、トップコートも使いますよ。

 

手順はまず、

①2枚重ねのティッシュを1枚ずつに剥がします。
②1枚の状態になったティッシュを爪と同じサイズに切ります。
3そして、割れた爪の上にトップコートを薄く塗って、そこへ先ほどのティッシュを乗せてください。
④少し乾いたことを確認してティッシュが動かない状態になったら、トップコートを再度その上に塗りましょう。

トップコートを塗ることで、ティッシュは透明になるので目立たなくなります。

スポンサーリンク

テープで補修

爪割れの補修は、絆創膏がない時、テープを使ってもできます。
セロハンテープや医療用テープを選んでください。ガムテープは、粘着力が強すぎて爪に負担がかかるので、避けましょう。

テープでの補強の仕方は、爪の補強したいところに合わせて、少し大きめにテープを切ります。
爪が割れたところにテープを貼って、しっかりと押さえてください。
そして爪からはみ出ているテープの部分をハサミで切って完了です。

テープは、目立ちにくい透明なテープもありますが、絆創膏と同じで水に弱いため、剥がれやすく、見た目があまり良くないことがデメリットにあげられます。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか。爪割れの補修の仕方やグッズをご紹介しました。

爪割れは、地味に痛くて厄介なトラブルです。
爪割れを起こしてしまうのは、元々の爪の薄さの問題もありますが、それ以外にも普段の健康状態も関係しているといわれています。

例えば、水分や、鉄分、タンパク質の不足、ストレスなどにより爪が割れやすい状態になっているかもしれません。
割れない健康な爪を保つためにも普段の生活の見直しをして、気を付けたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました