電気毛布は掛け敷きどっちがいい?違いはなに?両方一緒に使っても大丈夫?

生活
スポンサーリンク
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

寒い冬に体を暖めて眠るなら、敷くタイプの電気毛布を使うといいですよ。

掛けタイプだと体の上は暖かいけれど、背中が冷えるんですよね。

その点、敷きタイプの電気毛布を使うと、背中はポカポカ、下から暖かい空気が上がるため、布団の中全体が暖かくなります。

掛け・敷き、両方一緒に使うと、熱がこもりすぎて低温火傷をおこしたり、体内の水分が奪われる可能性もあるから、気をつけて使いましょう。

スポンサーリンク

電気毛布は掛け敷きどっちがいい?

体を温めてより快適に眠りたいなら、敷くタイプの電気毛布を選ぶといいですよ。

というのも、熱は上昇する性質を持っているため、体の上に掛けるよりも下に敷くことで暖かく使うことができるからです。

特に寝室がフローリングや畳の場合、床からの冷気によって部屋全体が冷え込むから、電気毛布を使う時には、下に敷いて熱を上昇させ、掛け布団でフタをすると暖かく快適に眠れます。

また、熱の性質を応用して効率的に寝床が温められるので、使用する電力も少量でコストも安く抑えられるメリットもあります。

 

掛けタイプの電気毛布を選んだ場合、上は暖かいのですが、下から冷えがやってきます。
寝ていると背中がゾクゾクするのですが、敷きタイプなら背中がホワホワ暖かく安心します。

電気敷毛布は一番弱くしていても朝まで温かいので、掛け毛布より消費電力も低いです。

 

掛け毛布は敷毛布に比べるとサイズが大きいので値段も少し高めですが、寝相が悪い人には向いています
電気敷毛布だと寝相の悪さでぐちゃぐちゃになることがありますからね。

もちろんどちらも寝るとき以外でも使えます。
敷き毛布ならホットカーペット代わりにもなりますし、掛け毛布もちょっと大きいけどブランケット代わりに使えるのでいいですよ。

スポンサーリンク

電気毛布の掛け敷きの違いはなに?

今回は、電気毛布の掛けタイプと敷きタイプの違いとメリット・デメリットについて紹介します。
自分の好みや用途に合わせて、最適な電気毛布を選ぶ参考にしてくださいね。

掛けタイプの特徴やメリット

掛けタイプの特徴

膝や肩に掛けて使ったり、布団の上から掛けて使ったりできます。
体に固定しやすいようにボタンが付いているものや、首に巻けるようになっているものもあります。

電気毛布の掛けタイプは、軽くてやわらかい素材で作られていることが多く、肌触りが良いのが特徴です。
温度調節ができるものも多く、自分の好みの温度に設定できます。

掛けタイプのメリット

電気毛布の掛けタイプのメリットは、体の上から熱を伝えてくれることです。
体に直接触れることで、心地よい温かさを感じやすくなります。

また、掛ける部分を選べるので、冷えやすい部分を重点的に温めることができます。
例えば、首や肩が凝りやすい人は、首や肩に掛けて使うとリラックス効果があります。

掛けタイプのデメリット

電気毛布の掛けタイプのデメリットは、熱が上に逃げやすくなり、熱効率が低いことです。

掛けるタイプは、空気の層が少なくなるため、熱が伝わりやすい反面、熱が放散しやすくなります。
そのため、温度設定を高めにしないと暖かさが感じにくい場合があります。

また、掛けるタイプは、床からの冷気を遮断できないので、敷くタイプと比べて寝るときには暖かさが劣ります。

敷きタイプの特徴とメリット

電気毛布の敷きタイプの特徴

ベッドや床に敷いて使ったり、布団の中に敷いて使ったりできます。
重さに耐えられるようにしっかりした作りになっていることが多く、防水加工がしてあるものもあります。

電気毛布の敷きタイプは、床からの冷気を遮断してくれることが特徴です。
床が冷たい場合や、部屋全体が冷えている場合には、敷きタイプがおすすめです。

温度調節ができるものも多く、自分の好みの温度に設定できます。

電気毛布の敷きタイプのメリット

電気毛布の敷きタイプのメリットは、床からの冷気を遮断してくれることです。
敷きタイプは、空気の層が多くなるため、熱が伝わりにくい反面、熱が保持されやすくなります。

そのため、温度設定を低めにしても暖かさを感じやすくなります。
また、敷きタイプは、おねしょ対策などのために防水加工されているものが多いので、清潔に使えるのも魅力です。

電気毛布の敷きタイプのデメリット

電気毛布の敷きタイプのデメリットは、体重によって熱線が圧迫されて弱くなり、温度設定を高めにしないと暖かさが感じにくいことです。

敷きタイプは、体に直接触れないことが多いため、心地よい温かさを感じにくい場合があります。

また、敷きタイプは、重さがあるものが多いので、持ち運びや収納が大変な場合があります。

スポンサーリンク

電気毛布を掛け敷き両方使っても良い?

電気毛布の敷きタイプと掛けタイプを同時に使っても大丈夫かどうかは、製品によって異なります。

一般的には、敷きタイプはベッドやマットレスの上に敷いて使うもので、掛けタイプは体に直接掛けて使うものです。

そのため、敷きタイプと掛けタイプを重ねて使うと、電熱線が熱を持ちすぎて火災や低温やけどの原因になる可能性があります。

 

また、上と下の両方から熱が加わることで、体の水分が奪われる可能性もあります。
これは、体の自然な温度調節機能を妨げることになり、健康に悪影響を及ぼす恐れがあります。

したがって、電気毛布の敷きタイプと掛けタイプを併用する場合は、以下の点に注意してくださいね。

  • 製品の取扱説明書をよく読んで、併用が可能かどうか確認する。
  • 併用が可能な場合でも、温度設定は低めにする。
  • 寝る前に電源を切る。
  • 長時間の使用は避ける。
  • 体調が悪いときや、感覚が鈍くなるときは使用しない。
  • 乾燥しやすいので、加湿器や水分補給をする。
スポンサーリンク

まとめ

電気毛布は、掛け敷き両用タイプも売られています。

その時の状況によって、1枚を使い分けしたいなら、両用タイプはとても便利ですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました