部屋から声が漏れない方法。壁、ドア、布団、窓などの対策。

生活
スポンサーリンク

部屋の声は、意外と響いて外に漏れていたりするものです。

実際、他の部屋からまたは隣の家から声が聞こえてきて、ドキッとしたことはありませんか。もしかしたら自分もそうしている立場になっていたとしたら心配になりますよね。

自宅で仕事をする機会が増えて、リモート会議や電話でも声が部屋から、または家の外まで漏れていないか、またお子さんがいる家庭では、子供の声が外に漏れていたら気になりますよね。

声が部屋の外に漏れないためには、部屋のドアや壁、窓など場所ごとに対策することが必要ですから、様々な防音グッズで工夫を凝らしましょう。

 

部屋のドアや窓は、隙間から音が漏れることが多いので、そのドアの隙間に対策をすることで音漏れ防ぐ効果があります。ドアには隙間テープ、窓には、厚みのあるカーテンも有効です。

壁、床などからの音漏れする可能性もあるので、防音シートや防音マットを上手く使い対策しましょう。

スポンサーリンク

部屋から声が漏れない方法はある?

そもそも音が伝わるというのは、空気の振動によるものです。

その空気の振動が壁に伝わり、他の部屋へ響き、隙間があれば、家の外に響くので、音漏れがしてしまうのです。

つまり、振動が部屋のドアや窓にも伝わり、ドアや窓は隙間があるので音は漏れていくのです。

 

特にドアの下の隙間の部分は、広ければ、さらに音漏れがしやすい状態を作るので、ドアの下に防音対策をしましょう。

そして、壁や床からも伝わって音漏れがすることも考えられるので、そこも空気の振動を減らす対策グッズが必要です。

スポンサーリンク

壁の対策

壁からの音漏れを防ぐには、防音材を使い、壁に設置しましょう。
防音材には、色々なタイプがありますが、おすすめは、防音シートのタイプです。

 

壁のサイズに自分で切ってから貼れるので、気軽にトライしやすいです。

防音シートは、振動を吸収することで、部屋の外に音や声が響きにくくなる効果があります。

 

さらに防音効果を高くしたい場合は、市販のパネルタイプの防音壁が良いでしょう。
設置が難しそうと思われますが、パネルタイプなら専門的な知識がなくても一人で設置できますよ。

 

また、見た目はこだわらないので、とにかく簡単に済ませたいという場合は、段ボールが使えます。
ダンボールの構造は、波が打つ形で吸音性があるので、防音シート代わりになります。
設置の仕方は、ただ壁に立てかけるだけですから本当に簡単ですね。

スポンサーリンク

ドアの対策

ドアは、ちゃんとしっかり閉めていたとしても、構造上の問題で音漏れがしやすく、ドアの厚みも壁より薄く、ドアによって部屋の音が漏れていきます。

つまり音漏れの原因になる一番の場所ということになります。

 

そこで、ドアの防音におすすめしたいのは、隙間テープを貼ることです。
隙間テープで気密性を高めることができ、隙間に貼るだけの簡単な作業ですから是非やってみてくださいね。

 

隙間テープは、スポンジになっている面と両面テープになっている面があります。

また、隙間テープのなかには、防音性能付きのものも売られていますが、使う時には、定期的な換気をするように注意してください。

スポンサーリンク

布団の対策

声や音は、案外、床からも他の部屋にも漏れて伝わってしまいます。
そこで、床の防音対策として、防音マットをおすすめします。
防音マットがない場合でもカーペットやラグなどでも防止効果は十分にあります。

 

また寝るときは、ベッドより布団派の方も多いと思います。
フローリングの住宅が多い今、布団をフローリングの上に敷く場合、床に置き畳を設置して布団を敷いてみるのも良いでしょう。

フローリングに敷くとクッション性が生まれ、衝撃を吸収するので、防音効果に繋がりますよ。

スポンサーリンク

窓の対策

窓がある部屋の場合は、窓から声が漏れていることも考えられます。
窓には開閉をしやすくするために元々隙間が設けているためですが、そこが原因で声や音の漏れが発生します。

隙間が気になるという場合には、隙間テープを窓枠部分に貼ることで密閉が可能ですので、おすすめします。

 

他にも手軽な方法としてカーテンがあります。

遮光カーテンは、光を遮ることができる上、カーテン自体に厚みがあるので、防音対策としても効果が期待できますよ。

遮光カーテンではなくても、厚さがあり丈が長いカーテンであれば効果がありますので、模様替えを兼ねてカーテンを変えてみてるのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。部屋の声が漏れない方法や場所別の対策をご紹介しました。
ご紹介したものは、わりと手軽で対策しやすいものが多かったのではないでしょうか。

昔から部屋の声や音で悩む問題はありましたが、コロナ渦で家の中で過ごすことが多くなったからこそ、日中は、あまり気にならない自分の音や他の部屋の音も、周りの環境が静かな時や夜遅い時間になると気になってしまうものでもあります。

あまり遅い時間には、声や音を出す作業や、大きな声で会話することを控えるなどのちょっとした気遣いを持ちながら、防音も対策することが一番良いのではないかと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました