卵と酢の実験なぜ溶ける?卵の殻が溶けるのを科学反応式で表すと

学校生活


ブログを読んでくださり、ありがとうございます。

酢の中に卵を入れておくと、卵の殻が溶けるのはよく効きますし、我が家でも子供が実験したことがあります。

けれど、なんで溶けるのかは、子供はよく分かってないんですよね。

今回は、卵とお酢の実験で、卵の殻が溶ける理由についてお話します。

スポンサーリンク

卵と酢の実験はなぜだらけ

お酢の中に卵を入れる実験って、不思議なことが多いです。

卵の殻が溶けてなくなるとか、殻が溶けても中身は崩れないとか、スケルトン卵は殻が溶ける前と比べて大きくなっているとか、スケルトン卵に塩を塗ると小さくなるとか。

どれもこれも、子供からしたら『なんで?どうして?』なことばかりで、夏休みの自由研究にはもってこいの実験だと思います。

いろんな疑問の中で、卵の殻はお酢に浸すと溶けてなくなる理由についてですが、これは卵の殻の成分に理由があるんです!

酢と卵はなぜ溶ける?

卵の殻は、そのほとんどが炭酸カルシウムという成分でできています。

そして、お酢には酢酸という成分が含まれています。

炭酸カルシウムと酢酸が反応すると、酢酸カルシウム・二酸化炭素・水が発生し、水に溶けだすんですね。

成分が変化して、卵の殻が卵の殻でなくなっていくのが、殻が溶けているようにみえる理由なんです。

 

まだ卵の殻が付いている状態(実験開始後1~2日目くらい)のときに、卵を取り出して触ってみると、卵の殻はすでに柔らかくてぷにぷにしているのが、卵の殻が違う成分に変化していることの証拠なんです。

酢酸カルシウムは水に溶けてしまうので、目でみることはできませんが、卵から出てくる小さい泡は、二酸化炭素なんです。

ただ、お酢の中に含まれる酢酸は量が決まっているため、もし炭酸カルシウム(卵の殻)が残っている状態で、酢酸が無くなってしまえば、反応はストップして、いつまでも経ってもスケルトン卵はできあがらないんですね。

だから、実験をする際には、充分な量のお酢を用意してほしいし、もし途中で反応が止まってしまったようなら、諦めないで、お酢を新しいものと交換するか、新しいお酢を古いお酢に追加する、などして、酢酸の量を増やしてください。

酢酸が増えれば、また卵の殻は溶けはじめます!

 

卵の殻が溶けても、卵の形を保っていられるのは、殻の内側にある薄皮(卵殻膜)が残っている為

卵殻膜は、たんぱく質でできているので、お酢の力で少しずつ固まって、強度が増しているんです。

そのため、卵殻膜が卵の殻の代わりを務めてくれているんですね。


スポンサーリンク

卵の殻と酢の化学反応式

卵とお酢の実験て、子供にとってはおもしろいたまごが作れる!程度でしたが、立派な化学ですよね。

自由研究などで発表するときなどに役立つよう、卵の殻とお酢が反応する様子を、化学反応式で表すと・・・

CaCO3+2CH3COOH ⇒ Ca(CHCOO)2+CO2+H2O

(卵の殻+お酢 ⇒ 酢酸カルシウム+二酸化炭素+水)

という式になります。

  • CaC03=炭酸カルシウム=卵の殻
  • 2CH3COOH=酢酸=お酢

という感じになりますよ。

まとめ

卵とお酢の実験をするときには、安い穀物酢でいいので、たっぷり使った方が、成功します。

一度に数個の卵を一つの容器に入れて、実験しようとすると、酢酸の減りが早く、途中で反応が止まる場合もあるので、お酢の追加や入れ変えで、再度挑戦してみてくださいね。

▼卵の殻がうまく溶けない時の対処法はこちらでわかります。
卵が酢で溶けない!実験を失敗させずに溶ける理由がわかります。
スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました