おでんの肉、牛すじ以外のおすすめ具材。おでんに入れると美味しい肉や、全国の変わり種も紹介

スポンサーリンク
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

牛すじ以外で、おでんに入れると美味しい肉として、

 

  • ウィンナー
  • ロールキャベツ
  • スパムミート
  • 厚切ベーコン
  • 手羽先や手羽元
  • 豚バラ
  • 鶏団子
  • 牛肉

 

などがありますよ。

 

肉系の具なら、博多で人気の餃子巻もおすすめですよ。

魚の白身で餃子を巻き込んで揚げたおでん種で、おでんのマンネリ化対策にぴったりですよ。

 

 

子供も大喜び

スポンサーリンク

おでんの肉、牛すじ以外のおすすめ具材

ウィンナー

ウィンナーは、わが家でもよく入れる具材です。

粗びきウィンナーの方がパリッとジューシー感が味わえて人気です。

ロールキャベツ

ロールキャベツは、野菜がお肉を包み込んで、おでんによく合います。作るのが手間なら、市販の冷凍品を使うのも手です。

わが家でも冷凍ロールキャベツを使って時短してます。

厚切ベーコン

厚みのあるベーコンを一口サイズの大きさに切って串に刺す食べ方の他、玉子くらいの大きさにぶつぎりにして煮込む方法があります。

ベーコンて洋風なイメージがあると思いますが、実はベーコンの旨味はおでんのつゆに合うんです。

鶏団子

鶏団子は鍋なら、なんでも合う万能食材です。

もちろん、おでんにもピッタリだし、手作りしなくても冷蔵・冷凍食品があるので、簡単に用意できます。

串に3~4個刺して、お団子状にすると見た目もかわいいです。

スパムミート

おにぎりなどの具材に使われるスパムは、韓国ではチゲ鍋の具材としても使われています。

おでんとの相性もばっちりで、ウィンナーやベーコンのように旨味が出て美味しさが増します。

スポンサーリンク

おでんに入れると美味しい肉

手羽先や手羽元

手羽先や手羽元を入れると、おでんの見た目が豪華になりますよ。

ひと手間ではありますが、先に酒と水を沸騰させて手羽先と手羽元を下茹でしておくと、余計なアクや脂分が抜けて、より美味しく食べられますよ。

30分くらい、おでんのつゆで煮込むと、柔らかい味の浸み込んだ手羽先・手羽元ができあがりです。

牛肉

カレー・シチュー用の一口サイズの大きさなら、牛串にして食べます。

塊なら食べやすい大きさにカットして投入すれば、豪華なおでんになります。

牛肉は表面を焼いて旨味を閉じ込めてから、おでんのつゆで30分くらい煮込むと美味しくできます。

豚バラブロック

豚バラブロックは、食べ応えがありお腹いっぱいになります。

作り方は、まず適当な大きさに切った豚バラブロックを、フライパンで焼きます。

表面が焼けたら、水から肉を茹でます。
強火から茹でて、煮立ってきたら火を弱めにして20分~1時間程度、茹でます。

時間がかかってしまいますが、その分柔らかくい豚バラ具材ができあがります。圧力鍋を使うと時短になりますよ。

豚バラブロックに味を充分浸み込ませるために、下茹でで柔らかくしたら、おでんのつゆで1時間以上煮込むといいですよ。

豚バラ

豚バラブロックは手間がかかって困る、という場合は、薄切りの豚バラ肉でもおでんの具材になります。

豚バラ肉2,3枚重ねて、くるくる丸めて串に刺すだけなので、簡単です。

他にも鶏皮のように蛇腹に挿していく方法もあります。

ボリュームが足りない場合は、ねぎを豚バラ肉でくるくる巻いて、串に刺すとボリュームアップになります。

スポンサーリンク

おでんの具に肉を使う時の下ごしらえの方法

下茹で

豚肉や鶏肉は下茹ですることで、余分な脂やアクを落として、さっぱり食べることができます。

このひと手間で、肉入りのおでんが美味しくなりますよ。

豚バラブロックの下ごしらえは、脂を丁寧に落とすことがとても大事です。
脂を落とさなければ、カロリーが高すぎてしまいますから必ず行いましょう。

やり方は、豚バラブロックを食べやすい大きさに切ります。
酒を少し入れた多めの水を沸騰させて、20分茹でたら水で洗いましょう。

手順は、鶏手羽をしっかり水から茹でて、3分程沸騰させてから水に取ります。
流水で気になる血やアクを落とします。

表面を焼く

牛肉は表面を焼いてから、おでんに投入すると旨味が閉じ込められて美味しくしあがります。

豚バラブロックも、表面を焼くと香ばしくなります。

ただし、豚バラブロックは下茹でしたほうがいいので、表面を焼く+下茹でをして方が美味しくしあがります。

スポンサーリンク

おでんに肉系の具材を入れる時のポイント

時間がかかる食材から煮込んでいこう

おでんの基本は、煮えにくいものや味がしみ込みにくいものを先に入れます。
肉は、その肉の種類、部位などで入れるタイミングが変わってきます。

煮込み過ぎないようにしよう

骨から出汁が出る鶏の手羽先や手羽元は、煮すぎてしまうと、グチャッとした感じになってしまうので、練り物を入れるタイミングで入れると良いでしょう。

またウィンナーを入れる場合も同じくらいのタイミングで大丈夫です。

ウィンナーは最初から入れても、煮崩れしなくて良いのではと思いますが、煮込みすぎるとうま味が汁に流れてしまいますから、練り物と同じタイミングが良いです。

スポンサーリンク

豚バラを使った具材

豚バラは、比較的どんな具材にも相性が良いです。
豚バラブロックとして使う場合、味がよくしみ込む大根やキャベツとの相性は良いです。

豚バラをブロックとして使うのも良いですが、一枚ずつにした豚バラ肉を2枚分、キャベツの葉一枚の上に乗せて、豚バラのキャベツ巻き(ロールキャベツ風)にするのはいかがですか。

 

おでんに合うお肉として、すでにご紹介していたロールキャベツですが、ロールキャベツは作ろうとすると手間がかかりますし、市販の冷凍品に抵抗があるなら、この豚ばらのキャベツ巻きはおすすめです。

ミルフィーユ鍋というものがありますから、やはりキャベツと豚バラの相性はかなり良いと言えるでしょう。

スポンサーリンク

手羽元を使ったレシピ

手羽元のお肉が主役になる、おでんのレシピをご紹介します。骨付きで食べ応えがあり、煮汁のうま味が感じられますよ。

こちらは2人分のレシピです。

 

手羽元の水気をふき取ります。大根は厚さ2㎝の輪切りにして、10分程やわらかくなるまで下ゆでをします。

こんにゃくは、格子の切り目を入れて、4等分の三角形に切り、ちくわは半分に切ります。
湯を沸かした鍋に手羽元を入れて、また煮立ってきたら引きあげます。

 

鍋に水を5カップ、しょうゆとみりんを大さじ2、和風だしの素6g、塩小さじ1/2を入れて火にかけます。
手羽元と大根、こんにゃくを入れ15分弱火で煮ます。

ちくわ、ゆで卵を加えてさらに10分煮ます。
火を止めて味を含ませましょう。そこから3~4時間置くと良いでしょう。

スポンサーリンク

日本全国、ご当地おでんの具を紹介

日本各地には、ご当地おでんがあります。

自分の地域では当たり前の具材も、他の地域では珍しかったりします。

普段食べない具材を入れると、おでんに新鮮味が増してきくるんです。

肉系ではありませんが、通常のおでんでは見かけない具材を紹介しますね。

ホタテやツブ貝、バイ貝などの貝類

貝をおでんの具に使う時は、新鮮さを重視して、きちんと下ごしらえするといいですよ。

ホタテはそのまま使えるのですが、バイ貝は毒素が含まれている可能性があるから、しっかり下処理するのが大事です。

タラの白子

湯通ししてから加えると、おでんのだしを吸って風味が増しますよ。

なると

なるとは練り物なので、他のおでんの具材と相性がいいです。

車麩

子供がお麩が大好きな為、試しに入れてみたら、おでんの出し汁を吸って、とっても美味しかったです♪

豚のもつ

豚もつは独特の食感と風味があり、おでんのだしをよく吸ってくれます。

そのため、豚もつを使ったおでんは、深みのある味わいがあるんです。

カニ面

『カニ面』は、金沢おでんの具で、香箱ガニの甲羅にカニの身などを詰めたものです。

『カニ面』は11月6日から12月29日までの期間限定で、おでんの出汁に浸して食べたり、甲羅酒にする金沢の冬の風物詩です。

海老芋や里芋

海老芋は、おでんのだしが染みやすく、独特な食感を楽しめます。

また、里芋は、ねっとりとした食感に、あっさりとした出汁が染み込んで、美味しく食べられます。

レンコンシュウマイ

レンコンを使ったシューマイです。

レンコンをすりおろしてひき肉に混ぜたり、レンコンの輪切りにひき肉をのせる作り方があります。レンコンのシャキシャキ感と、ひき肉のモチモチ感が美味しいんですよ。

餃子巻

魚のすり身で餃子を包んで揚げたおでんの具です。

餃子巻はおでんの出汁に浸して食べるのが美味しいのはもちろん、餃子の皮がトロトロになって、ワンタンのような食感を楽しむことができるんです。

手羽先餃子

手羽先餃子とは、手羽先の骨を抜いて餃子の具を詰めた料理です。

手羽先餃子は、揚げて食べるのが一般的ですが、焼いたり煮たり、おでんに入れたりする方法もあるんです。

竜眼

長崎を中心に食べられている、魚のすり身にゆでたまごが丸ごと1個入ったおでんの具材です。

東京では「バクダン」や「玉子巻」とも呼ばれ、ゆでたまごと魚のすり身の相性が抜群で、子どもから大人まで人気があります。

揚げ蒲鉾のような食べ物で、そのまま食べても美味しいんですよ。

豚足

下茹でした豚足を、沸騰したおでんのつゆに入れて、30分程煮ると、味が染みて美味しいです。

スポンサーリンク

まとめ

いつものおでんに飽きた時は、具材を変えると、新しい味を楽しめます。

肉の脂分が多いと、他の具材の味やおでんのつゆの味を損ねてしまうこともあるので、お肉は下処理してから使うといいですよ。

↓届いたら、解凍して、おでんにいれるだけなので、とっても簡単です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました