楽しむこと大好き

このサイトでは、私が家族との時間を楽しむためのヒントやコツを調べて書いています。

生活

給食パート仕事内容はきついから大変?2年間働いた感想

投稿日:2018年6月25日 更新日:

先日、知人から、

給食パートを考えてるんだけど、実際にやってみてどうだった?

と聞かれました。

そういえば、私も給食の調理補助のパートを始める時に、周りに体験者がいなくて悩んだなー、と思い、給食のパートをしていたときのことを、まとめてみました。

スポンサーリンク

給食パートの仕事内容

私は、小学校の給食の調理補助のパートをしていたことがあります。

自校式といって、小学校の敷地内にあり、その小学校の児童や先生、職員のためだけの給食室です。

給食センターのような何校分もの大量の調理をし、トラックで各学校に運ぶという形式ではないけれど、私が所属していた小学校は、全校生徒と職員合わせて700人位の給食を毎日作っていました。

 

  • パートの勤務時間は午前9時~午後3時
  • 昼食休憩が40分
  • 残業一切なし
  • 時給800円台(今は900円台にアップしたみたいです)
  • 勤務日数:週4,5日
  • 休み:土・日・祝・その他学校給食のない日

 

学校給食のパートの大きなメリットって、休みだと思うんです。

土日祝完全休みで、なおかつ子供が早く帰ってくる日や、夏休み等の長期休暇もお休み

私はこのお休みが目的で、給食のパートを始めたのです。

小学校の給食パートの長期休暇や土日の休みについてはこちら
学校給食パートの夏休み体験談。休みや勤務時間の実態とは

 

1日の勤務内容ですが、

☆朝8時50分ごろ出勤して作業着に着替えます(パートさんによっては、もっと早く来て、その日の自分の持ち場の作業手順を確認しておく人もいます。)

  • 上下の白衣
  • 髪の毛は縛って白いネットを被り、その上から白い帽子
  • 口にはマスク
  • 絨毯のゴ
  • ゴミ等をとるコロコロ?で白衣のごみを取る

 

☆午前9時から午後12時40分まで作業

社員さん達は朝7時位から作業を始めているので、パートは各持ち場に入って作業の引き継ぎや手伝い

  • 各作業場の清掃
  • 食材の洗浄、カット
  • 使った器具の洗浄
  • 調理の補助
  • できあがった料理をクラス毎に容器に詰める
  • クラス毎の台車に料理の入った容器をセット
  • 各クラスの給食当番の児童に台車を引き渡す

 

これが午前中の大体の作業でした。

作るだけではなく、片付けも同時進行するという・・

 

児童達が給食を食べている間に、給食調理の従業員達もお昼休憩になります。

食事は児童達と同じ給食を食べます(←給食代は自腹)

 

市や学校の方針にもよるのでしょうが、学校給食はいい食材、いい調味料を使って、手間暇かけて作られているので、(私は)美味しかったし、栄養もあって、働いていたとき、毎日の給食が、私の楽しみのひとつでした。

家で作りたいメニューは、レシピも教えてもらえましたしね。

 

☆お昼の休憩が終わると、各クラスから配膳のワゴンが戻ってきます。

  • 戻ってきた配膳ワゴンを食器洗浄室に回す
  • 使用済みの箸や食器を洗う
  • 料理の入っていた容器を洗う
  • 料理を運ぶワゴンを洗う(全クラス分)
  • 次の日のために各クラス毎に箸やお椀をセット
  • 調理場の清掃
  • 食器洗浄の部屋を清掃
  • 使用したリネン類、エプロンなどを洗濯して干す

という内容をだいたい2時間位で終わらせます。

 

作業は社員・パート全員で協力して終わらせました。

最終確認して、本日の業務終了、着替えて帰宅します。
残業は全くなかったので、ありがたかったです。

 

作業することや覚えることはたくさんあって、教えてもらうときには、ノートにメモ取っていたのですが(そうでもしないと覚えられない)。。。

 

最初は時間内に終わらないし、間違えるし、忘れてるし、仕事が終わるころには、頭も体もパワー使い果たしてへろへろで、もう必死でした。

1ヵ月たった頃からですかね、少しずつ作業や雰囲気に慣れてきたのは。

 

私が働いていた給食室では、調理場や洗浄室など4つの作業場に分かれており、パートは、ローテーションで持ち場が変わります。

その4つの作業場、全ての作業を覚えるので、覚えることは正直、半端ないです。

そして、作業内容や注意点はとっても細かいです。

 

それでも、1ヵ月位すると、全体の作業の流れ位は、つかめてきます。

もちろん、細かい作業までは1ヵ月程度じゃ覚えきれないので、ミスはするわ、時間内には終わらないわ、作業工程忘れるわ、でその都度、メモを見ながら、半泣きで作業することも多々あり、一通り作業をこなせるようになるには、数カ月はかかったと思います。

一通り、作業を時間内に終わらせられるようになると、他のパートさんと会話を楽しむ余裕が出てきます。

給食パートのきついところ、大変なところ

作る人数が多い

当たり前ですが、作る人数が多ければ、扱う量も多いですよね。

私が働いていた小学校の給食室は700人程度の量を作っていました。

 

朝、700人分の野菜を洗ったり、切ったりするだけで、かなりの時間を要します。

人参やたまねぎを何十個切るとか、ホウレンソウなどの葉物を何千枚と洗うとか、量はケタ違いでした。

 

それから、お皿もたくさん使います。
お茶碗、汁椀、おかず皿ともし3種類使ったとしたら、

器3種類 × 700人 =2100枚

の食器を洗います。

 

料理を入れる大きな容器(食缶やバットなど)も、ご飯、味噌汁、おかず2種類あって、仮にクラスが全部で20クラスあったら、

容器4種類 × 20クラス = 80個

の容器を洗います。

 

時間が限られている

この大量のものをさばくのに、時間は限られています。

だから、野菜を洗うのも、切るのも、お皿を洗うのも、部屋を掃除するのも、
とにかく、ひたすらに集中して作業します。

 

準備にしろ、片付けにしろ、清掃にしろ、どこかで誰かの作業と結びつくので、
自分の持ち分が遅れてしまうと、他の作業にも影響がでてしまうんです。

 

衛生管理が徹底している

例えば、野菜を洗う場合、虫やゴミが付いている可能性はゼロじゃないから、徹底して洗います。

一つの野菜を洗うのに、3人くらいでじっくりチェックしながら、でも時間制限あるから、手早く・・という笑

朝からめちゃめちゃ集中力を発揮します。

 

他にも衛生面や、食品管理に関して、たくさんのルールがあります。

 

働き始めた頃、あまりの衛生管理っぷりに、

私ってなんてずぼらな人間だったんだろう・・・

と落ち込んだ記憶がありますが笑

 

でも、小学生の子供をもつ母親としたら、こんなに安全な食べ物を子供達は食べているんだ、とい安心感にもつながりましたけどね。

 

ほんとにルールは細かくて、覚えるのに苦労したんですけれど、でも至極まっとうなことがほとんどだったと思います。

家でも気を付けているようなことを、念には念を入れて徹底的に管理しよう・・・みたいな感じかなと。

 

たまに職員全体の勉強会もあったのですが。

普段では知ることのできない食中毒や細菌、食材の管理法なども知ることができて、衛生管理については、家でも役に立つ知識が身に付いたのは、よかったかなと思っています。

 

重いものを持つ

これは、身体にきますよね。

特に職場が女性だけの場合は、大変かも。

みんな嫌でも、たくましくなります。

 

何が重いかというと、例えばクラス毎に食器が入ったセットとか?、食器1枚1枚は軽くても、枚数集まれば結構な重さになります。

 

あとは、ご飯が入った容器とかですかね。

容器自体も保温効果のある重い大きな容器なので、そこにご飯が数キログラム入ると結構重いし、重い容器を遠くのワゴンまで、持ちながら何往復も移動するのは足腰にきます。

 

あいにく、私、足腰は結構丈夫だったようで、とくにトラブルはなかったのですが、腰痛ベルトをしている人もいました。

午後の洗浄作業の際、重い容器を洗ったあとに、つみ重ねて運んだりもするので、全体的に、いくつか重いものを運ぶ作業もあったのですが。

ただね、これは毎日やるわけではなくて、自分が当番のときだけやればいいので、毎日が重労働ってわけでもなかったです。

 

かがむ作業が多い

そうそう、腰といえば、なのですが。

私がいたところは、上半身を折り曲げて作業することも結構あったんですね。

  • 使用済みの調理器具をひたすら洗っている時、汚れがなかなか落ちない事もあって、無我夢中で上半身を折り曲げて、スポンジでこすっていたり
  • 700人分の茹で野菜を、ひたすら前かがみで水切りしたり・・・

前屈みになる作業もあって、私は前屈みの作業の方が、腰が辛かったですね。

 

あと、なんだろう・・・

作業台の高さの問題なのでしょうかね。

家のシステムキッチンも、今は身長に合わせて高さを選べるじゃないですか。

給食室はそうはいかないので、長身の方は、もしかしたら腰を曲げる作業が増える可能性もあります。

スポンサーリンク

給食パートの仕事関係まとめ

こうして振り返ってみると、給食の調理補助のパートは、時間が忙しかったり、量が多かったり、衛生に厳しかったり、大変なことはありましたね。

ただ、不思議なことに1、2ヵ月もすると、この環境には慣れます。

もちろん1ヵ月で全ての作業ができるわけではないけれど、数カ月経つうちに、いつの間にか、時間内に作業を終わらせられるようになっている自分がいました。

ノーミスではなかったですけれどね・・・。

最初ヘトヘトなのに、いつのまにか体力はついていたのは驚きです。

ただ、あんなに動いていたはずなのに、体重は全く変わりませんでした。

 

作業量と時給だけで考えると、他にも職種はあるんだけれど、

土日祝、長期休暇休み

これは小学生や幼稚園生などの子供をもつお母さんには、やっぱりありがたいものだなと思います。

▼給食パートの人間関係についてはこちら
給食パートの人間関係。いじめはある?怖い人達だらけの職場?
スポンサーリンク

-生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

梅雨の床がベタベタする原因。掃除だけでは解決しない

梅雨の頃って床ががベトベトして不快ですよね。 拭いても拭いてもべたつきはとれず、毎年悩みのたねです。 梅雨の床のベタベタの原因がなんなのか、掃除してもうまくとれないこのベタベタ、解決法はないのか、さら …

床がベタベタするのは梅雨のせい?原因と手軽な掃除を紹介します。

今まで気にならなかったのに、 6月に入ったら急に床のベタベタが気になりだした。 もしかしたらそれは梅雨のせいかもしれないですよ。 床がベトベトする現象についてまとめました。 スポンサーリンク

給食パートの人間関係。いじめはある?怖い人達だらけの職場?

学校給食のパートは、なかなか働いている様子を見ることはできないので、どんな環境で、どんなふうに働いているのか、想像つかないですよね。 私が自校式の給食の調理補助のパートをしていたときの話です。 スポン …

カーネーション鉢植えを長持ちさせる置き場所と水やりの基本教えます

母の日にもらったかーネーションの鉢植え できるだけ長持ちさせたいですよね。 スポンサーリンク カーネーションの鉢植えって案外管理するのが難しいんです。 まずは基本的な置き場所と水やりについて しっかり …

お盆のお供えどんなものがいい?種類と相場を紹介【体験談】

スポンサーリンク お盆のお供えもの、どんなものを用意すればいいのか悩みますよね。 私の祖父母の家で、お盆の時期に頂いていたものを紹介します。 スポンサーリンク

管理人:もりのいと

主人、小学生男女、猫の5人家族

映画鑑賞、読書、アウトドア、料理・・好きなことはたくさんあるけれど、カラオケが大好き♪

音楽さえあれば家の中でも、車の中でも、どこでも歌ってます
・・・がうまくはありません^_^;

あとは美味しいものを食べて、笑っているときがなによりの幸せ♪

この2つを励みに、日々生きてます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。