大曲の花火帰りの混雑と電車の臨時運行。いつ帰るのがベスト?

大曲花火大会は秋田で一番の花火大会。

花火大会当日の市内の混雑は、車も電車もすごいです。

今回は電車で大曲駅を利用する際の、
帰り道の混雑と電車の運行状況についてまとめました。

スポンサーリンク

大曲の花火の帰りの混雑

大曲の花火の帰りの混雑っぷりは超有名ですよね。

 

花火大会の催しが全て終わった段階で帰宅につくと

  • 花火大会の会場から出るのに約1時間
  • 花火大会の会場から大曲の駅まで約1時間

で、ここから電車に乗るのも大混雑で

花火大会の駅前からホームについて電車に乗れるまでに

約1時間 ~ 約2時間

 

帰宅のピーク時には、大曲の花火会場から無事に電車に乗れるまでに

なんと・・・
約3時間~4時間

みておいた方がいいという。

ただ、

そもそもJR大曲駅から花火の会場まで
通常約30分かかる程の距離があるので、

大曲の花火会場からJR大曲駅までの約1時間に関しては、
ただ単に倍の時間がかかる・・・という

混んでる道なら、それはどこの花火大会でもあるんじゃないかな~

と思ってしまうのですが、

どちらかというと
駅に着いてから電車に乗るまが異常に混むことの方が、
対処法必要かなと思いました。

大曲の花火の帰りの電車

大曲の花火当日は、
JRも臨時のダイヤで、増便してくれています。

JR大曲駅の臨時列車の発車時刻の詳細はこちらからどうぞ

その年の天候や人出にもよるけれど、

多い時だと60便ほど増便されたそうなので、
JR大曲駅にいかに人が殺到するかが想像つくと思います。

 

臨時ダイヤの具体的な運行時間については、
大曲の花火当日にJRで配られていたり、
大曲の花火のパンフレットにも記載されていたりと、

詳しい電車の時間が掲載されているので、
臨時ダイヤの時刻表を手に入れましょうね。

 

公式ホームページでも分かるので、
今はスマフォで検索できるので便利ですよね~。

 

とは言っても数分置きに電車がホームにやってくるような状況なので、
時刻表がなくても、JR大曲駅のホームにさえ着けば
電車は次々にホームに入ってくるので安心してくださいね。

 

少しでも、ほんとに少しでもですが

ホームに向かう列に早く並ぶためにも、
切符は大曲の花火会場に向かう前に購入しておいた方がいいですよ。

でないと、切符を買う行列にも並ばなければいけなくなって、
余計な待ち時間が増えることになってしまいます。

 

ちなみに、新幹線の指定特急券を持っている方は、
専用の入場口が用意されているので、待たずに駅の中に入れるんです。

 

指定特急券は倍率高くて、
発売日にはすぐに売り切れてしまう程の人気なので、
なかなか買うこともままならず・・・

大混雑の中で、駅構内への入場を待つ身には、
なんとも羨ましい光景です。

スポンサーリンク

大曲の花火の電車の混雑

大曲の花火の電車の混雑は、ほんとに凄いです。

ほんっとにすごい!

これに尽きますね。

 

大曲の花火を最後まで見物して、なんとか会場を出て、
なんとかJR大曲駅まで着くと、また大量の人・ひと・ヒト。。。

 

大曲の花火大会の帰宅ピークは2つあって、

  • 1つ目は大曲の花火プログラムの中で、企業提供の花火が終了する21時頃。
  • 2つ目は大曲の花火プログラムが全て終了する21時30分頃

企業提供の花火の打ち上げが終わると、
残り30分、競技の花火の打ち上げが再び始まるんですね。

企業提供の花火(見応えあり)が終わると、
大混雑を避けたいがために花火会場を後にする人たちが帰路につく。

大曲の花火プログラムが全て終了して帰路につくと、
先に帰路についたグループが、JR大曲駅前で乗車待ちをしている

そこに後発組が合流するので、さらにJR大曲駅前が混雑する

だから大曲の花火が終わった後に帰路につくと、
電車に乗れるまでにとんでもない時間を
待たされることになってしまいます。

 

これは時間をずらしても同じで、
大曲の花火が終了して帰りの混雑がなくなるまで、
会場でのんびりして、

さあ、スムーズに会場を出て駅まで歩けたぞ

と思っても、
結局駅で乗車待ちの大混雑が待っているという結果になります。

 

午前1時過ぎまで乗車待ちをした方もいるくらいなので、
JR大曲駅前での乗車待ち、覚悟が必要です。

大曲の花火の帰りの混雑まとめ

どちらにせよ混雑は免れないので、
電車を使って帰る場合

とにかく大曲の花火の雰囲気を楽しめればというなら
企業提供の花火が始まる前か、途中まで見て帰路に着く

 

企業提供の花火まではしっかり楽しみたいなら
企業提供の花火を見たら即帰る

 

やっぱり最後まで大曲の花火を楽しみたい
ということなら、

帰る支度バッチリにしておいて、
花火の打ち上げが全て終了したら即帰る

 

大曲の花火は最後に

花火職人の方たちと見物客でエール交換があって、
エール交換も大曲の花火を楽しむための余興の一つなのですが、
エール交換を満喫してからの帰宅は本当に大変です。

 

大混雑で2時間も3時間も電車待ちをするのは無理!
少しでも早く自宅やホテルに戻りたいんだ!
という方は、

企業提供の花火をめどに帰宅時間を決めるのはどうでしょうか。

 

大曲の花火は、日本国内でも真似される程の見事な花火大会。
花火も楽しみつつ、帰宅もスムーズに行くといいですよね。

雨対策もバッチリ!大曲の花火持ち物についてはこちら

大曲の花火グルメと屋台についてはこちら

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました