奥大井湖上駅のトイレやお店、食事ってどうなってるの?

おでかけ


湖の上にある奥大井湖上駅。
奥大井湖上駅で降りてみたいけれど、次の電車まで時間があるし、駅にトイレやお店、食事がどうなっているのか気になりますよね。

今回は奥大井湖上駅の施設についてまとめました。

スポンサーリンク

奥大井湖上駅のトイレについて

まず駅のホームは雨除けの付いた街合場所しかありません。
街合場所には、数人座れるベンチがあります。

次の電車を待つにしても、レインボーブリッジを歩いて渡るにしても、トイレは済ませておきたいところ。

奥大井湖上駅に着いたら石段を上がると、レイクコテージ奥大井という木造の建物が目に入ります。
レイクコテージ奥大井はトイレや休憩するための施設になります。

外から見ると2階建の建物なのですが、中に入ると吹き抜けていて、2階部分は窓から外を見るだけになります。

さて、レイクコテージ奥大井のトイレですが、水洗の和式トイレが設置されています。
もしかしたら、和式に慣れていない小さなお子さんがいる場合は、ちょっと大変かもしれませんね。

シーズンによっては利用者も多いせいか、トイレが汚れている場合もあるかも・・・です。
そんなに数はないので、混雑期には多少待つこともあります。

ちなみにレイクコテージ奥大井の1階はトイレの他に休憩用のテーブルがあります。

2階は展望フロアになっていて、眼下に奥大井湖上駅やレインボーブリッジ、湖を一望できます。
1階からも眺望はいいのですが、2階には無料の望遠鏡が設置されていますよ。

奥大井湖上駅のお店ってあるの?

奥大井湖上駅には売店も自動販売機もありません。

またレイクコテージ奥大井にも水を飲める施設などはないので、井川線に乗り込む前に必ず飲みのは購入しておくといいです。

せめて、奥大井湖上駅に行ったよ!なんていう記念品でも売っていたらいいんですけどね。


スポンサーリンク

奥大井湖上駅で食事はどうする!?

奥大井湖上駅には売店も飲食店もないので、食べ物を注文したり、お弁当を買ったりすることはできません。

レイクコテージ奥大井には木のテーブルが2セットあります。
一テーブル6人くらいは座れると思います。

そこで買ってきたお弁当を広げているグループがいました。

南アルプスあぷとラインで奥大井湖上駅まで来る予定なら乗車前に、車で来るなら途中でお弁当を仕入れてくる必要があります。

次の電車が来るまでには1時間前後待ちますし、奥大井湖上駅から接岨峡温泉(せっそんきょうおんせん)、ひらんだまでレインボーブリッジを歩いて行くには結構な距離があり、途中坂道などがあることから、かなりの時間を要します。

お昼頃に奥大井湖上駅に降り立つ予定なら、なにか食べ物があった方が助かります。

奥大井湖上駅のトイレ、お店、食事まとめ

奥大井湖上駅は美しい景観を見たり、レインボーブリッジを歩いてハイキングを楽しめる駅です。

トイレと休憩用のテーブル以外には施設はないので、奥大井湖上駅で降りるなら、飲み物や食べ物は持参しましょう。

レイクコテージ奥大井から見るレインボーブリッジと湖の景観はとても美しいです。
一度は見る価値はありますよ。

スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました