楽しむこと大好き

このサイトでは、私が家族との時間を楽しむためのヒントやコツを調べて書いています。

おでかけ

大曲の花火桟敷席の広さ。A席とC席とイス席、快適に楽しむならどれ?

投稿日:


大曲の花火の桟敷席、値段にかなりの差があります。

せっかく見るなら、どの席が花火見物をより楽しめるのか、についてのお話です。

スポンサーリンク

大曲の花火の桟敷席の広さや特徴

桟敷席A

A席は、平面に正方形のスペースが確保されています。

大曲の花火、グループで適当に座ってみるなら、A席が便利です。

足を崩したり、姿勢を変えたり、好きな姿勢で花火を見物できるのはいいですよね。

食べ物や飲み物もおけるから、みんなでつまめるし、手も空くので、ゆっくり楽しめます。

桟敷席C

C席は、ベンチ席

土手の傾斜を利用して、階段状に長い板がかけられています。

ある程度の間隔はあるので、少しは足を伸ばせるけれど、背もたれがない分、前の人が体を後ろにずらしたりすると、ぶつかる可能性があります。

 

C席の広さは2m×2mとの表示なので、A席の1.8m×1.8mより、広くてよさそうなんですけれど。

実は土手の斜面だし、ベンチ式なので、飲食物や荷物の置き場所に困ります

桟敷席Cの2m×2mは、ベンチ席2つ分と思ってください。

イス席

イス席は、花火見物の間は、大きく姿勢を変えることは難しいですけれど、足を伸ばせるのはいいとろこです。

桟敷席A席は、座る人数や体格によっては、窮屈な場合もあります。

それでいうと、イス席は確実に一人分のスペースは確保されているのが、いいところだと言えます。

隙間なく、きっちりとパイプ椅子が並べられているので、隣が知らない人の場合、身体同士がぶつかって、気を使う可能性はあります

大曲の花火でA席とC席ならどちらがいいか

桟敷席Aか桟敷席Bなら、仕切りはないものの、ある程度、自分たちのテリトリーを確保できるのが魅力です。

 

桟敷席A
価格:23,000円
広さ:1.8m×1.8m(定員6名)
桟敷席C
価格:15,000円
広さ:2.0m×2.0m(定員5名)

となっています。

 

桟敷席Aは、一番高額なだけあって、平面で、ゆっくり大曲の花火を見物できるのが、いいところ。

敢えて言うなら、A席の中でも前の方の席だと、至近距離すぎて、たまに首が痛くなることくらいでしょうか。

桟敷席Aの場所は、雄物川を挟んで、花火打ち上げ場所の正面なので、打ち上げた花火を正面から、視界を遮られることなく楽しめます。

 

ただ、桟敷席Aは横に細長い為、端っこの場所になると、イス席とほぼ同じ見え方になります。

打上る花火によっては、斜めから見物することもあるので、A席の中でも、どの位置に場所をとれたかで、当日の楽しみ方も変わってくるかもしれません。

桟敷席Aは、隣接しているので、ギュウギュウになるのですが、平面なので、食べ物や飲み物、荷物を置きやすいというのは、助かります。

 

C席の場合、基本的に座れる場所がベンチのみであること、斜面であることから、飲食物と荷物の置き場所を考える必要があります。

ベンチとベンチの間もそんなには広くないので、あまり体を後ろに反らすと、後ろの人が伸ばした足にぶつかったり。

伸ばした足が前の人の背中にぶつかったり。

C席に座る場合は、背もたれのあるコンパクトな座イスなどを持っていくと、背中が疲れなくていいですよ。

あと、板が硬いのも、腰に響くから、座布団やクッションを持参する人も多いですね。

 

A席よりは、花火打ち上げ場所より遠くなるけれど、斜面上になっている為、首が痛くならずに、花火見物を楽しめるのがいいところだと思います。

仕掛け花火など、一部の花火は見えづらいときもあります

それでも、定員5名とゆったりめに設定されていること、花火が見やすいこと、値段がA席よりも8,000円も安いことを考えると、C席はお得だなと思います。


スポンサーリンク

大曲の花火のイス席ってどうなの

イス席は、A席の両端になるので、花火は若干斜めに見えたりします。

でも、A席と同じ並びなだけあって、花火の迫力を間近で体感できるのが、C席とは違うところだと思います。

A席とC席は、一マスいくらの値段設定になっているので、2人でも4人でも同じ料金になってしまいますが、イス席なら人数分だけ購入できるので、人数が少なければ、それだけ安く済ませることができます。

 

  • 5人の場合→3,000円×5=15,000円

とC席と変わらないので、A席と同じ迫力を体感するか、ベンチ式だけど、割り当てられたスペースでゆったり楽しむか、などで選ぶといいですよ。

 

  • 6人の場合→3,000円×18,000円

それでも、A席23,000円には及びませんが、5,000円の差で、より花火を正面から見られるA席をとるかどうか、といったところでしょうか。

A席でも、2人で寝っ転がって大曲の花火を楽しんでいる人もみかけます。

一人当たり13,000円かぁ~、凄いな~と思ってしまうのですが、それだけの価値があるんだと思います。

 

椅子席の場合も、C席と同じように、手荷物や飲食物をどうするかは、考えておくといいですよ。

手荷物は、椅子の下に置くという方法があるのですが、地面に置くことになります。

ビニールシートなどや新聞紙など、敷物を椅子の下に敷くと、荷物を汚さずにおけますよ。

食べ物や飲み物は、膝の上に置くとか、手で持つなどの対応になると思います。

まとめ

どの桟敷席も、それぞれの良さがあります。

  • 花火の迫力を楽しみたいなら、A席か椅子席。
  • 首が痛くならずに花火見物を楽しみたいなら、後ろのC席。
  • 平面で気ままに楽しみたいなら、A席。
  • お手軽に大曲の花火を楽しみたいなら、椅子席。

など、優先したい条件で、席を選んでみるといいかもしれません。

A席、C席、椅子席、どの桟敷席も、帰りの移動にかかる時間は、同じくらいかかります。

スポンサーリンク

-おでかけ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

金沢百万石まつり日曜日の混雑と楽しみ方。午前中に行くべき場所とは。

金沢百万石まつりのメインともいえる土曜日。 じゃあ日曜日はなにをしましょう。 1日楽しめる予定ご紹介します。 スポンサーリンク

きぬ川ホテル三日月のバイキングメニューと朝食時間【画像あり】

きぬ川ホテル三日月に夏休みに一泊した際の朝食のバイキングメニューについてまとめました。 画像もたくさんあるので、よかったら参考にしてくださいね。 スポンサーリンク

長崎ランタンフェスティバル食べ歩き。出店や中華街ではずせないグルメ

長崎ランタンフェスティバルの会場は、数カ所に分かれている為、長崎市内の色んな場所で出店が出現します。 長崎新地中華街でも、美味しいグルメがてんこ盛りなので、ランタンを見物しながら、食べ歩きを満喫できま …

津南雪まつりの天候に合った格好を紹介。服装はどこまで準備するか。

津南は、新潟の中でも雪の量は多いです。 津南雪まつりを1日楽しむために、できるだけ快適な格好で行くのがおすすめです。 スカイランタンまで1日過ごすための、服装についてお話します。 スポンサーリンク

祇園祭で御朱印がもらえる場所と時間と料金、あると便利なもの情報

祇園祭の開催中には、御朱印集めをすることができます。 朱色のスタンプをポンポン押して行くのは、まるでスタンプラリーのような感じですが、祇園祭のいい記念になると思いますよ。 この時期にしか手に入らないも …

管理人:もりのいと

主人、小学生男女、猫の5人家族

映画鑑賞、読書、アウトドア、料理・・好きなことはたくさんあるけれど、カラオケが大好き♪

音楽さえあれば家の中でも、車の中でも、どこでも歌ってます
・・・がうまくはありません^_^;

あとは美味しいものを食べて、笑っているときがなによりの幸せ♪

この2つを励みに、日々生きてます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。