楽しむこと大好き

このサイトでは、私が家族との時間を楽しむためのヒントやコツを調べて書いています。

おでかけ

川越熊野神社の夏詣の御朱印を頂いた。銭洗弁天も合わせて紹介

投稿日:

ブログを読んでくださり、ありがとうございます。

川越市にある熊野神社へ夏詣に伺い、御朱印も頂いてきました。

熊野神社では、熊野神社の御朱印と厳島神社の御朱印を頂くことができます。

御朱印を頂く際の社務所の様子や、夏詣の茅の輪くぐりの様子など、境内の様子も合わせて紹介しますね。

スポンサーリンク

川越熊野神社の夏詣

日曜日のちょうどお昼頃に、熊野神社に参拝しました。

とっても暑かったのですが、境内は観光客の方で賑わっていました。

まずは並んで、茅の輪くぐりと参拝をすませました。

浴衣で参拝している方も結構多くて、涼しげな感じがよかったです。

茅の輪の手前には、茅の輪のくぐり方を詳しく書いた説明書もあるので、初めての方も安心です。

川越熊野神社の御朱印

参拝を終えたら、本殿向かって左奥にある社務所で御朱印を頂きます。

社務所は、受付が2つあって、

  • 左の受付⇒御朱印受付
  • 右の受付⇒紙朱印(書き置き)・開運指南受付・御札・御守

となっていました。

日曜のお昼時、左の御朱印受付に並んでいるのは、3人程度でした。

 

私は、御朱印帳を忘れてしまったので、右側の受付で、書き置きの御朱印をお願いしました。

2種類の御朱印をお願いし、日付を入れてもらい、すぐに頂くことができましたよ。

御朱印1枚に付き、初穂料500円です。

頂いた御朱印です。

1枚目の御朱印は、熊野神社の御朱印で『夏詣』の印が押されています。

社紋の八咫烏(やたがらす)が押印されています。

2枚目の御朱印は、熊野神社内にある川越銭洗弁財天厳島神社の御朱印

厳島神社の御朱印にも『夏詣』の印が押され、銭洗弁財天が押印されています。

御朱印帳も3種類ありましたよ。2000円でした。


スポンサーリンク

川越銭洗弁天の御朱印を頂いたら

境内には、色々あって。

むすひの庭と言って、参拝すると、八咫烏(やたがらす)様から一言メッセージが頂けるものや

おみくじ売場

運試し輪投げ

銭洗い

様々な願いを成就してもらうための撫で蛇様

など、参拝する場所がいくつかあるので、滞在の時間に余裕をみておくと、ゆっくり参拝できると思います。

まとめ

川越の熊野神社は、日向も日陰もあったけれど、日よけグッズは持参した方がいいです。

それから、何ヶ所か参拝する場所があるので、小銭はたくさん用意していくといいですよ、

銭洗弁財天では、洗って清めたお札や小銭を入れる袋などは用意されていないので、濡れたお札などを入れる袋など持っていくのもいいと思います。

スポンサーリンク

-おでかけ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

祇園祭で蟷螂山のご利益を授かろう!ちまきやおみくじを紹介!

祇園祭で蟷螂山のご利益を頂くなら、やっぱり、粽は手に言れたいところですよね。 蟷螂山のちまきにどんなご利益があるか、ちまきやおみくじ、手ぬぐいの入手方法についてお話しますね。 スポンサーリンク

上高津貝塚ふるさと歴史の広場の周辺やトイレ情報。花火を楽しむ準備

土浦全国花火競技大会を見物するために、上高津貝塚ふるさと歴史の広場を利用する方も多いですよね。 今回は、上高津貝塚ふるさと歴史の広場で花火見物を楽しむための、周辺情報、トイレ、用意するものなどをまとめ …

Suicaを子供が紛失したら、チャージを再発行で確保しよう

お子さんがうっかりSuicaを紛失したらどうしたらいいでしょう。 もし誰かに拾われて悪用でもされたら困ります。 チャージ(入金)残高の行方も気になりますよね。 再びお子さんがSuicaを利用できる方法 …

長崎くんちを見る場所はどこで見るのがいい?見物席をとるには

長崎くんちの見どころといえば、各踊り町による演し物ですよね。 演し物をしっかり見られる会場の紹介をしますね。 スポンサーリンク

カンドゥーとキッザニアの違い、つまらないのは?幼児が行くなら?

ブログを読んでくださり、ありがとうございます。 スポンサーリンク キッザニアとカンドゥー、どちらも子供がお仕事体験できる場所ではあるけれど、コスパや満足度で考えた時、どっちの方がいいのか、悩みますよね …

管理人:もりのいと

主人、小学生男女、猫の5人家族

映画鑑賞、読書、アウトドア、料理・・好きなことはたくさんあるけれど、カラオケが大好き♪

音楽さえあれば家の中でも、車の中でも、どこでも歌ってます
・・・がうまくはありません^_^;

あとは美味しいものを食べて、笑っているときがなによりの幸せ♪

この2つを励みに、日々生きてます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。