寸又峡のトイレ、食事、店ってどんな感じ?ランチできる?

おでかけ


寸又峡は最寄りの駅から30分程度かかる山の中。
寸又峡のトイレや食事事情気になりますよね。
食べ物やお店などまとめました。

スポンサーリンク

寸又峡のトイレ

寸又峡には公衆トイレが3ヶ所あります。

  • 寸又峡温泉観光トイレ
  • 公衆トイレ 天子の香和家
  • 寸又峡渓谷尾崎展望台公衆トイレ

このうち、寸又峡渓谷尾崎展望台公衆トイレは、寸又峡のハイキングコースの1つ『寸又峡プロムナードコース』を進んだ先にあります。
そう、あの夢の吊り橋を越えた先にあるんですね。

また、天子の香和家は、寸又峡のハイキングコースを進んで15分程行ったところにある天子トンネル手前にあります。

寸又峡にハイキングに行かれる場合は、寸又峡温泉観光トイレか、天子の香和家を利用してからハイキングに出発しましょう。

それぞれのトイレの様子ですが

寸又峡温泉観光トイレ
2019年2月に新設された綺麗なお手洗いです。

天子の香和家
小さなおうちのような形で、やはり清潔にされています。
寸又峡温泉バス亭からは歩いて20分程かかります。

寸又峡渓谷尾崎展望台の公衆トイレ
天子の香和家から歩いて飛龍橋の方を回っていくと約30分程度で着きます。
男女共用のトイレが1つあるのですが、木の幹の形をした可愛らしいトイレです。

寸又峡の食事

寸又峡温泉バス亭から近いのはこの2つのお店です。

手作りの店さとう

寸又峡のハイキングコース入口から一番近い食事処&お土産処です。
このお店は開店が朝の6時と早くから開いていて、閉店は夕方の6時になります。

食事メニューは鹿刺定食、やまめ定食、わさびそば、山菜とろろそば、しいたけそば、とろろそば、山菜そば、とろろめし、うどんで定食は1000円越えてましたが、麺類は600円~800円くらいの価格です。

その他には山いも餅、わらびもち、こんにゃくおでん、おしるこ、お茶のアイス、地酒、缶ビールなどがあってサイドメニューはだいたい500円程度でした。

 

ここのお店で有名な食べ物は、山いも餅、鹿刺し、わさびそばです。

山いも餅は、山芋をおろしたものを餅粉で固めて素揚げし、甘醤油、胡麻をふったお餅のようなモチモチした食感の食べ物でした。

わさびそばは、冷たいつゆに入ったそばの上にすりおろしたわさびが乗っかっていて、つゆに溶かして食べます。
このわさびそば、冬でも冷たいつゆに入っているので、寒い時期は体がひんやりしそうですが、すったわさびを溶かして食べたときのツーンという感じは、ぜひ体験してほいしなと思います。

鹿刺しは赤身で見た目も味もマグロみたいで、臭みがないので、食べてみる価値ありですよ。
ちょっと噛みごたえはあるかな。

お土産もここで買えますよ。

晴耕雨読Village

手作りの店さとうの隣にあるカフェで、なんと足湯しながらお茶を楽しむことができます。

宿泊もできるし、昼間は貸し切りの日帰り温泉も楽しむことができます。
食事メニューはカレーとホットドッグ。

ドリンクメニューは

コーヒー、ビタミンサイダー、ビタミンドリンク、オリジナル辛口ジンジャーエール、紅茶3種類、緑茶の豆乳ラテ、こどもびいる、値段は400円~500円程度です。

スイーツはお店オリジナルのチーズケーキ、アップルパイに濃厚ミルクアイスを乗せたものがあります。
他に濃厚ミルクアイスや抹茶アイスに黒蜜やシロップをかけたものがあって値段は350円~650円。

このお店では80種類のお煎餅が販売されているので、お土産選びに立ち寄るのもいいですよ。

このお店の姉妹店、晴耕雨読CAFE&SHOPが寸又峡温泉バス亭の前を過ぎて徒歩3分ほどの距離にあります。
こちらのお店は、コーヒー、紅茶、アイスクリーム(夏限定)、チーズケーキが楽しめます。

土日限定で併設のハンモックカフェも利用できますよ。
スイーツは

スポンサーリンク

寸又峡のその他の店

紅竹食堂


寸又峡温泉バス亭のそばにあります。
店内4人掛けのテーブルと小座敷があってきれいな店内です。
麺類はとろろ、山菜、かけ、ざるで、それぞれ冷たい、温かい、そば、うどんなど選択できます。

値段は一番やすいかけそば570円をのぞき、800円~1200円くらいでした。

ごはんものは山菜定食、とろろ定食、やまめの塩焼き定食、そば(うどん)定食、かつどんなどで840円~1575円程度でした。
ちなみに一番高い山菜定食で2000円以上とちょっと高かったです。

季節によって食事のメニューも結構変わります。

安竹商店

紅竹食堂の隣にある土産物屋さんです。
地酒の試飲もできました。

古民家お茶カフェ山口屋

安竹商店の隣にある古民家風のカフェです。
メニューはそんなに多くはないのですが、とっても美味しいお茶やスイーツが頂けます。

スイーツは五平餅とぎびぜんざいの2種類だけですが食べ応えがあって美味しいです。
川名茶(200円)、コーヒー(300円)というのも嬉しいんですよね。

食事もそば、うどんのみですが600円とリーズナブルで美味しいです。
温かいのも冷たいのもどちらもやってもらえました。

囲炉裏の席もあり、ゆっくり美味しい食べ物を味わえる空間なので、ハイキングを楽しんだ後にぴったりなお店です。

寸又峡のトイレ、食事、店まとめ

寸又峡周辺は施設が充実しているというわけではないのですが、点在するお店はどこも美味しくて満足できるところばかりです。

閉店時間が早いところが多いので、16時位までに入店できれば充分満喫できると思いますよ。

寸又峡の観光と美味しい食事、どちらも楽しんできてくださいね。

▼寸又峡の駐車場について知りたい方はこちらもどうぞ
寸又峡の駐車場の住所と料金まとめ。近いパーキングも紹介
スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました