祇園祭で蟷螂山のご利益を授かろう!ちまきやおみくじを紹介!

おでかけ


祇園祭で蟷螂山のご利益を頂くなら、やっぱり、粽は手に言れたいところですよね。

蟷螂山のちまきにどんなご利益があるか、ちまきやおみくじ、手ぬぐいの入手方法についてお話しますね。

スポンサーリンク

祇園祭で蟷螂山のご利益をもらおう

蟷螂山のご利益は、

  • 疫病除け
  • 厄除け
  • 学問成就
  • 招福除災

になります。

 

一般的に粽の販売は7月14日~16日の3日間ですが、、蟷螂山の会所は、7月13日の午後1時~午後4時30分の間も粽や授与品を購入することができます。

7月14日~16日の間は、午前10時~午後9時30分が販売時間になります。

かなり遅い時間まで会所は開いているのですが、午後9時位には遅くとも並んでおいた方が、安心です。

それ以降だと、列が打ち切られてしまう可能性があるんですね。

山鉾の中には、授与品を購入すると山鉾に乗れるものもあるんですけれど、残念ながら、蟷螂山は山鉾に登ることはできません

蟷螂山のちまきのご利益をもらうために

蟷螂山のご利益をもらうためには、粽は購入したいところ。

蟷螂山のちまきは、600円ですが、ちょっと高いタイプもあります

1500円(白御幣粽)と3000円(金御幣粽)の2パターン。

どちらも御幣と金色の折り紙で折られたカマキリが付けられ、上に榊が刺さっています。

値段の違いは、御幣が白いか金色か。

毎年、限られた数だけの販売なので、値段は高いけれど、売り切れてしまいます。

 

カマキリの折り方がとっても細かくてきれいなんです。

誰にでも折れるわけではなくて、決まった人が一つ一つ丁寧に手で折っているんですよ。

御利益の効果は、600円のものも、御幣付きも一緒みたいです。


スポンサーリンク

祇園祭の蟷螂山のおみくじや授与品

カマキリおみくじ

蟷螂山といえば、カマキリおみくじ。

カマキリおみくじは1回200円です。

粽を買うための列とは、別になっているから、間違って並ばないように気を付けてくださいね。

レバーをくるくる回すと、からくり仕掛けのカマキリが180度回転して、番号のついたボールを受け取り、再び180度回転して、戻ってくるという仕組み。

虫やカラクリ仕掛けが好きな子供には、楽しめると思いますよ。

混雑状況はかなりのばらつきがあるので、あまりの行列にカマキリおみくじを断念した知人もいるので、もし空いていたらチャンス!!

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

おみくじにも、カマキリのイラストが描かれていて、かわいいです。

その他の授与品

蟷螂山では授与品として粽以外にも、手ぬぐい、Tシャツ、飾り扇子などもあるんです。

  • 手ぬぐい(2種類)→各800円
  • Tシャツ(紺・白)→各2,500円
  • 飾り扇子→4,000円

どれも可愛いというよりは、カッコいいデザインなので、虫好き男子には溜まらないんじゃないかなぁと思います。

まとめ

会所で並んでいる間は日差しが強いので、昼間並ぶ時には、熱中症対策するといいですよ。

▼大人気の長刀鉾のちまきを購入したいと考えている人はこちらもどうぞ
祇園祭で長刀鉾のちまきのご利益をゲットする販売時間と場所と値段。
スポンサーリンク

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました